hatano32048

債務整理って

hatano320250

自己破産:破産宣告から免責決定を得られれば、返済義務から解放される。借金がなくなるってことになります!これ知ってます?
債務整理

 

長年にわたりサラ金や消費者金融から借り入れをしたり、返済をしたりして、借り入れを繰り返してきた方!
最近になって不景気で仕事も減り、収入もなくなってきたので、返済がとどこってきた。
近頃は毎日毎日、金融業者の借金返済の督促に追われている人でも、弁護士や司法書士の受任契約で、金融業者は取り立てが一切できなくなるのです。
即時受任により、金融業者からの督促電話や嫌がらせは一切なくなります。
それどころか今まで毎日借金に苦しんできた人たちが、法律家に相談した結果、借金がなくなったり、過払い金が返還されたり、大幅な減額を勝ち取ったりと、最終的には地獄から普通の生活にもだれました。
任意整理で過払い金の返還請求をした人は、過去に払い過ぎた金利まで返還してもらいました。今は、債務者にとってとても有利な法律環境になっています。この機会を逃さず、借金に追われている人は、いますぐ債務整理を検討して、今すぐ依頼してください!借金地獄はスグなくせます。返済不可能な借金を0円までなくせる債務整理がオススメです。

 

債務整理の種類を解説
債務整理には、自己破産・民事再生・特定調停があります。
過払い金返還請求が日常化した今日では、消費者金融は、過払い金返還のためにの財務体質が悪化している恐れがあります。さらに時効という法律規定により、債務整理問題は長期間請求しないと、時効により返還請求権がなくなります。そうなると解決困難ですよね。現在から過去にわたって高金利を支払い続けてきた人は、時効により返還請求権が消滅するまでに、返還請求してください。返還請求権の時効は10年です。最終支払日より10年と現時点ではされています。

 

無料相談★★★★★オススメ↓ ↓ ↓

 

今すぐ弁護士 無料相談や無料診断はコチラ↓

matikado46860

 

任意整理とは?

 

裁判所を利用しないで、多重債務などの借金債務を減らす交渉により、債務を任意に整理することです。金利や元金などを減免する個人的な交渉は、消費者金融相手である故、困難を伴うので、弁護士や司法書士に依頼することになります。金融業者と利息制限法に基づいた債務減免交渉をして、残った債務は、3年?5年程度の分割で返済可能な金額を合意して、普通の生活を維持しながら、返済できる金額だけを、返済することになります。当然、すでに債務が消滅している計算になれば、借金0円です。

 

過払い金返還請求とは

任意整理は、利息制限法により、本来支払う必要のなかった利息の引き直し計算をします。利息制限法を超えた支払った高金利の過去に返済した利息部分を、消費者金融などから取り返すことになります。つまり過払い金の返還請求です。高金利でない法定利息なら、もっと元金が減っていたはずだから、減少していたはずの本来あるべき元金を計算し直して、余分に支払っていた返済金に、金利をつけて返済してもらうことになります。これが過払い金返還請求です。

 

自己破産とは?

 

自己破産:破産宣告から免責決定を得られれば、返済義務から解放される。借金がなくなるってことです。人生をリセットできる有益な制度です。もちろん一定額以上の財産は処分されます。
任意整理:法律の手続きでない債務者と債権者の合意!プロに依頼することにより、借金を大幅減額しで、利息もなくすことが可能です。個人での挑戦は、プロの金貸し相手であることを十分認識する必要があります。

 

個人再生とは?

個人民事再生:3000万以下の借金で、継続的な収入が見込める債務者に対し、借金の1/5か100万の多いほうに減額できます。ローンのある持ち家を残し、借金を大幅に減額できる制度です。

過払い金返還請求:返済必要なかった高金利返済額を消費者金融やサラ金から返還させることです。
個人再生 は、自己破産避けたいが、任意整理での支払いは無理な場合に、選択されることが多い手続きです。住宅を所有を手放すことなく債務整理できます。小規模個人再生と給与所得者再生があります。個人再生には職業・資格の制限はありません。

 

特定調停とは?

:裁判所の仲介で任意整理手続きをする債務整理です。過払い金返還請求は別途になります。

 

債務整理で過払い金を返還してもらう

 

債務整理という法的手段を用いることによって、過払い金を返還してもらえるようになります。

 

過払い金は、金融機関に対して消費者が返済しすぎてしまったお金の事を言います。
これは本来なら返さなくても良いお金なので、適切な法的手段を取ることによって返ってくるようになっているのです。
また、過払い金問題は金融機関が設定する利息の問題でもありますので、消費者にとっては何の非もない問題です。
ですので、過払い金の返還請求をすれば簡単にお金が手元に返ってきます。

 

具体的には、債務整理という手段を用いることになります。
債務整理というのは、文字通り債務者である消費者の債務を整理する事を言います。
抱えている債務問題を整理することによって、現状どのような処置を取ることがベストなのかを検討するわけです。
債務整理は一つの手段で成り立っているわけではなく、主に4つの手段から成り立っています。
任意整理、特定調停、民事再生、そして自己破産の4つです。
この内、過払い金問題に関して最も利用される手段は任意整理になっています。
理由は簡単で、簡易的な手続きによって問題を解決できるようになっているからです。

 

任意整理というのは、債権者と債務者の話し合いによって問題を解決する事を言います。
過払い金問題で言えば、債権者は金融機関であり債務者は消費者になります。
両者の言い分を話し合いによって聞き入れることによって、特別な法的処置を取らなくても問題を解決できるようにしているわけです。
その証拠に、任意整理では裁判所を通した話し合いはしません。
任意整理によって法的な拘束力を発揮させたいのならば、話し合いで決まった取り決めを新しい契約書に書かなくてはいけないのです。
そうすることによって初めて法的な効果が発揮されます。

 

任意整理は当事者同士の話し合いなので、話し合いでトラブルが発生しないように間に法律の専門家を置くことが通例となっています。
法律の専門家に進行を任せることによって、より簡単に問題を解決できるようになるわけです。

不況・リストラ・人員整理などによる失業差に残る借金問題?

昨今の世界経済の変動による不況の世の中は、リストラや解雇の嵐が吹いています。

 

長年サラリーマンをしてきて、お金に苦しんできた人たちは、消費者金融やサラ金などで生活やレジャーで不足するお金を賄ってきました。お金が無くなれば、新たな借り入れをする。
ボーナスが入れば、そのうち半分は借金の返済に消えていくのは普通でしたね!

 

借金と返済を繰り返してきても、仕事があれば収入もあり、何とか借金の返済ができたものです。それも29.2%という高金利を支払ってきました。もっともリボ払いとか言われて、利息の返済だけをしてきたこのになる人が大半ではなかったでしょうか?
返済をしてきたつもりでも、その返済金は利息に充当され、元金の返済は一切できていなかったという現実があったのです。
本来の利息制限法に従った適切な利息なら、当社借りた借金はとっくの昔に返済できていたことになります。とこらがあまりにも高金利のため、毎月の返済金は金利返済だけに充当され、元金は減るどころか、未返済の利息請求金額を元金に積み上げられてきたのです。
つまり借金が膨れ上がる状態でですね。
こんな悪循環な借金漬けの方でも、債務整理で簡単に借金をなくせます。悪くても大幅な債務減額を勝ち取れます。
そのわけは、違法な金利を長年支払い続けてきたからです。
今まで支払ってきた違法な利息を計算すれば、膨大な金額になるのです。

 

今失業中で,借金の返済が滞ってしまいました。督促状が届いたと思ったら、訪問督促もされ、隣近所を出歩くのもままならなくなってきました。
 もう延滞の限界なのでしょう。これからどうしたらいいのかわかりません。

 

借金問題は一人で悩まない

借金の問題は人にはなかなか相談しにくいものです。親戚や知人にも恥ずかしくて言えないものです。
かといって、放置していても解決にはいたりませんので、支払い困難になり始めたら早めに相談するこをお勧めします。
誰に相談するのかと疑問がある人もいるでしょうが、借金問題の専門化は弁護士です。
ですので、弁護士へ相談することをお勧めします。
弁護士と聞くと費用がかかりそうというイメージがありますが、相談するだけならほとんどの弁護士が無料で受け付けています。
実際に仕事を依頼すれば報酬として費用もかかりますが、その場合は相談する人にも必ずメリットは発生しますので、まずは相談です。
全てはそこから解決するのです。決して一人で悩んではいけないのです。

 

 

債務整理は着手金0円、内緒で債務整理OK

優しい弁護士が電話相談で債務整理の問題解決!

過払い債務整理で本当に借金なくなりお金が戻りました。

ここまで債務減額されるとは・・・予想以上でした・・・この結果が最初からわかっていたら、こんな悩むことなかったって、思って会当然ですよね、

でもわからなかったのです。

本当に督促が直ぐ止まり、平和な生活が、受任していただいたその日から始まれるなんて・・・!

過払い債務整理ってホントかなって思ったけど、法務事務所に相談したら、過払い金が返還されるよって、先輩に言われたので、何となく無料相談のメールしました。

今なら生活リセットできるって確信いただいたので、債務整理することにしました!

消費者金融の督促電話も直ぐ止まり、今まで毎月工面してきた借金の返済もなくなり、これだけでもほっとして、助かりました!

私は何もしなかったけれど、債務整理で本当に借金がなくなりました。

もちろん過払い金も返済されました。

お金まで戻ってくるなんて・・・いま、普通のOL生活を満喫しています!

 

改正貸金業法

貸金業法が改正され、改正貸金業法が、2011年6月より完全施行されました。

グレーゾーン金利という、世にも不透明な法律の隙間が埋められました。

高い利息を長期間支払ってきた人たちが、違法に支払わされてきた過払い金の返還請求を簡単にできるようになりました。

不当な借金の督促に悩まされてきた債務者は、払い過ぎた返済金の返還訴訟を求めています。

長期間、年29.2%というギリギリの利息を、何も知らないで取れたてられた人は、膨大な過払い金が発生している可能性があります。

利息制限法の限度金利で、支払い済みの金利を引き直し計算すれば、過払い分が判明します。

この過払い金に利息を付けて、返還してもらえます。

この現実の法改正や判例を知らない主婦や女性が、いまだに高金利の支払いをしている可能性は?

サラ金や消費者金融に、過払い金の返還請求をするどころか、一人で思いつめて悩んでいるOLや主婦が、夜逃げをしたり、督促電話に毎日おびえるなんて・・・あってはならないことですよ!

利息制限法

利息制限法の上限金利(超過すると民事上無効):

貸付額に応じ15%?20%

出資法

出資法の上限金利(超過すると刑事罰):

上限金利は20%← (改正前は29.2%)

グレーゾーン金利

出資法の上限金利(改正前は29.2%)と利息制限法の上限金利との間にある金利ゾーンで貸金業者貸していた金利滞のこと。

★今回の改正貸金業法によってグレーゾーン金利は撤廃されました

利息制限法の上限金利を超えた金利での貸し付けは民法上無効です。

また貸し付けた金融業者は、行政処分の対象となります。

貸付金が出資法の上限金利を超えれば、刑事罰の対象です。

 

 

 

債務整理!東京 大阪

 

東京の正直者に伝えたい債務整理の秘密!

 

もしあなたなら、

 

債務整理がわからない典型的なタイプです!

 

もしあなたがお金持ちなら、もっと横暴な性格になっていたでしょう!

 

もしあなたがお金に恵まれない人生を送って来たのなら

 

その理由は

 

人生お金がすべてではない!もっと大切なものが重要だ!
お金がすべてではないが、あるに越したことはない!でもないものはない!
人生お金がすべて!とにかく金・金・お金の上にもお金だ!

 

いま、債務整理はテレビやマスコミで、あらゆる宣伝媒体で

 

債務整理、とくに過払い金の広告は多くなっています。

 

こんな社会だから、ポイント3のケースの方、つまり金金亡者の方は、なりふり構わないタイプだから、すでに債務整理してしてしまっいる可能性大だと思います。

 

無料相談は気軽にOK!みんなこれでホットしました♪

 

↓ ↓ ↓

 

ポイント1のタイプの人は、もともと借金なんて無理にしないはずです。

 

今一番問題なのは、あなた、つまりポイント2の人だと私は思います。

 

クレジットカード・あるいは消費者金融カードなど、軽い気持ちで借りたが

 

よく考えないままに、言われるままに返済してきたけども・・・

 

一向に元金が減ってないことに気が付いていない!

 

ここが問題なのですよ!

 

あなたは借金の返済を正直にしていることは間違いありません!

 

一番悪いのは、金融業者です、それも大手銀行系?

 

とかいう銀行の別会社である消費者金融からお金をからお金を借りた善良な人

 

違法な高金利だとは知らず、黙々と毎月いわれるままに返済し続けてきている人

 

銀行系の大手だからと思って安心してしまっている人

 

この一流の消費者金融は、違法な高金利の貸し付けをしていました。

 

そのことをいまだに知らないが善良な人が、

 

いまだに違法な高金利を支払い続けている現実の不合理!

 

このタイプの人は、我を張って生きるタイプではありまでん。

 

悪いことに、借金の高金利の為、利息支払いに追われ、

 

より小さな声しかでなくなってしまっている可能性があります。

 

つまり小心者ではありませんが、お金がないがために気がすくんでしまうのです。

 

お金がない⇒気が小さくなる

 

あぶく銭が入⇒気が大きくなる

 

この現象は、人間が本来持っている本能の実態なのです。

 

それを輔弼するのが人生の経験と先人の知恵ののですが、

 

極限状況が、常態化すると、人間の性格まで曲げてしまいます。

 

こんな状況下で、お金もないのに

 

やれ債務整理だ!

 

弁護士や司法書士を使って消費者金融を訴えろ

 

過払い金を取り戻せ!

 

と声高々に、言われても身がすく無のが、当たり前だと思います。

 

だから、なぜ債務整理に踏み込むべきなのか!

 

当サイトの別のページで弱者救済の本質を述べています。

 

債務整理をなぜするべきか?本当に弱い方を救うべき法律である意味をぜひご覧になり

 

法律の本当の意味、つまり債務整理はあなたのために存在する法律であることを

 

一刻も早くご理解ください!
債務整理 大阪

 

債務整理 大阪

 

完済した借金でも過払い請求はもちろん可能

 

払いすぎた利息を取り戻せ!完済した借金でも過払い請求はもちろん可能

 

以前は多くの消費者金融会社において公然と、利息制限法で認められた上限金利以上の「グレーゾーン金利」での貸付が行われていました。

 

しかしこちらで計算、貸付された利息については本来支払わなくてもよいのです。

 

計算しなおした結果、払いすぎていた分があることがわかった場合は業者に過払い請求をし、払いすぎた分を取り戻すことができます。

 

具体的にいいますと、

 

元本が10万円未満の場合年20%、

 

元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%、

 

元本が100万円以上の年15%。

 

過去にこれらの利率をこえて支払わされていた利息に関しては無効です。

 

貸金業者と5年以上にわたって取引をされている方は特に多く支払いすぎていて過払い請求ができる可能性が高いため、ぜひもう一度契約書を確認していただきたいと思います。

 

「そうはいっても、もう借金は完済済みだし…」

 

という方もいらっしゃるでしょう。

 

完済しているものについてもご心配なく。

 

当然のごとく過払い金を請求できます。

 

しかもすでに完済しているものに関しては相殺する借金もないため、確実に過払い金を受け取ることができるのです。

 

面倒と思っている方も戻ってくる金額を考えると気が変わるかもしれませんよ。

 

たとえば過去、仮に100万円借金をしていて、グレーゾーンの一番高い金利で貸し付けられていた場合、本来支払うべきはずだった利息よりも14.2%も多く利息を搾取されていたことになるため、長期にわたってこの返済を続けていらした方に対しての過払い金は百万円単位になるということも決して珍しくありません。

 

ぜひ面倒くさがらず過払い請求の手続きをとるべきです。当然の権利なのですから。

 

ただし、過払い請求には期限がきめられていますので注意が必要です。

 

完済日から10年を超えると時効として扱われ、過払い請求が不可能になってしまうのです。

 

契約書によって完済日を見直し、もし時効が近い場合はスムーズで最短の解決に導いてくれる弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。


sanku350250

債務整理って?記事一覧

債務整理は弁護士に依頼するのがいい!多重債務や借金漬けの債務者にとって、弁護士に依頼するのは敷居が高く、相談しにくいって思っていませんか?弁護士は法律を熟知しています。債務整理のもっともいい方法を教えてくれるでしょう。でも、同じ弁護士でも専門分野があり、債務整理に熟知している弁護士さんの方がいいでしょうね!過払いや任意整理などでも業界が一目置く有力弁護士事務所の紹介です。まずは思い切って、無償相談...