債務整理手続きを依頼するときに最初に注意すること

seikou

任意整理に進むにしろ、自己破産になるにしろ、どちらにしても一般の方が最後までやり遂げることはかなり難易度の高いものです。

 

債務整理の過払い金請求を実際に個人でやっている方がいるので、全く不可能ということでもありませんが、大抵の場合は弁護士や司法書士などの専門職に依頼して手続きを進めることになります。

 

一般の方には分かりづらいですが、最初の債務整理手続きを弁護士に依頼するか、司法書士に依頼するかで最終的な結果が変わってくるかもしれません。

 

弁護士でもどこの弁護士に依頼するかでも全く異なった結果になる。

 

法律的な作業なのでどこに頼んでも結果は同じだと一般の方は思いますが、たぶんに専門職の恣意的な判断が作用するのが債務整理全般の手続きです。

 

例えば、過払い金が発生していることが確定しているとして、債権者である消費者金融に請求をすることになります。

 

取引履歴を照会して引きなおし計算をした結果ですので、この段階ではあくまで計数上の問題です。

 

専門職の間で差が生じてくるのはここから先のことです。

 

過払い金の請求を受けた消費者金融等の債権者の対応は大きく二つに分かれます。

 

満額で支払うか、減額して支払うか。

 

更に、一括で支払ってくれる場合と、分割で支払う場合、様々です。

 

過払い金の支払に対する対応を最終的に決定するのは、あくまで依頼者である債務者です。

 

ですが、債務者である一般の方は、この段階でどう対応するのが正しのかを判断する力がありません。

 

したがって、多くの場合、担当している専門職に判断をゆだねることになります。

 

訴訟に対して前向きな弁護士であれば、過払い金満額を支払うように債権者側を訴えるということになります。

 

依頼者の本当の気持ちとしては、多少減額されてもいいので早く現金が欲しいと思っているにも関わらずです。

 

こんなこと言ったら馬鹿にされるんじゃないかと思って自分の気持ちを出さないことが最もよくないことです。

 

債務整理手続きを依頼するときには、自分がして欲しいと思っていることをしっかりと専門職に伝えることが大切です。


hatano900250b