債務整理は借金の返済方法の変更または破棄?

seikou

あなたの借金は、負担が軽くなるかもしれません。

 

債務整理というのは、簡単に言うと借金の返済方法の変更、または破棄です。

 

債務整理=自己破産と思われがちですが、あくまで自己破産は債務整理の中の一種類です。

 

まず、大まかに分けて三つに分類されます。

 

・任意整理
弁護士を通した、借金の返済交渉だと思ってください。
元々、借金の利息は金額毎に条件があるのですが、基本契約時の利息と言うのはこれをオーバーしている場合がほとんどです。
故に、任意整理を前提とした交渉をすると、大体の金融業者は利息を引き下げてくれます。
まずは弁護士に依頼しましょう。
ほぼ確実に交渉に応じてくれます。

 

しかし、あくまで利息の引き下げなので、返済可能な収入があることが条件です。
消費者金融の借り入れの審査とほぼ変わりません、返済能力があるかどうかを調べます。
返済が無理だと判断された場合は、他の方法を取る事になります。

 

・民事再生
上記の任意整理をしても、まだ返済が厳しいと判断された場合に選択されやすい方法です。
借金返済は現在のペースでは不可能ですが、持ち家は売りたくないという場合が多いです。
住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらうことで、ローン返済を可能にすると考えてください。
住宅ローンそのものには民事再生は適用できません。

 

具体的には、まず住宅ローン以外の返済を一時的に止めて貰い、弁護士と共に、それ以外の借金の返済計画を立てます。
そしてその返済計画を裁判所に提出し、認可を貰う事で民事再生が成立します。
基本的に3年間での返済計画を立てて、その通りに返済します。
この間、住宅ローンは今まで通りの支払いです。

 

民事再生の特徴的なところは、借金の理由が問われないところです。
100%自業自得な借金の場合でも、3年での返済計画が実現可能なら通ります。
住宅ローンの返済が厳しい時は、自己破産となります。

 

・自己破産
ここでやっと自己破産です。
基本的には、住宅ローンが払いきれず、尚他の借金の返済計画も現時点では無理がある場合に選択します。
これは簡単、借金の帳消しです。
帳消しになる条件は、資産を持っていない事、または手放す事です。

 

ここでいう資産は、ほぼ土地だと思ってください。
車やその他、生活に最低限必要な物まで手放さなければならない事はありません。

 

つまり住宅ローン返済を帳消しにする前に、まず持ち家を売る必要があります。
この場合、まずは売れるのを待つ必要があります。
資産と認められる物を持っている間は、自己破産の手続きは進みません。

 

経験談ですが、この売れるまでの間を狙って、多くの場合住宅ローンを組んだ銀行側がとにかく交渉に来ます。
というのも、銀行側はこれだけはされたくないのです。
利息の減額や、そもそもの返済計画を見直しましょうと毎日のように尋ねてきました。
意志が固い場合は、きっぱりと断るべきです。
銀行側のタイムリミットは売れるまでで、売れてしまえば口は出せません。

 

そして売れた後、裁判所で審査をします。
この時20万円近くの費用が掛かりますが、大体は過払い金から引かれることで解決します。
そして認可が出れば、自己破産成立です。

 

しかし最近はこの審査基準はかなり厳しくなっています。
民事再生と違い、通るかどうかは借金の理由に大きく左右されるのでどうなるかはわかりません。
あまりにテレビ報道で過払い金が有名になった弊害でもあります。

 

 

最後にこの三つの債務整理全てにおいて、成立後はクレジットカードの借り入れ等ができなくなります。
例外を除いて、一切借金ができなくなったと考えても間違いはありません。
時効は7年間となっていますが、金融機関のブラックリストに乗るため、その後も審査通過の確率は限りなく低いと思ってください。
これが債務整理の大きなデメリットです。

 

簡単に言えば、借金を踏み倒しておいてまた借金をしようということです。
普通に考えて通る訳がありません。
債務整理では、お金関係の信用を一切失います。

 

故に、軽い考えでの債務整理は禁物です。
弁護士と相談して覚悟の上で、債務整理をして下さい。


hatano32048