お金っていくらあっても足りない!

hatano320250

私は今までお金に恵まれたことがありません。
といってもサラ金に追われたりといったことはありませんでしたが、お金に余裕のある生活というのでしょうか・・・そんな経験は一度もありません。

 

高校卒業後は親元を離れ県外の大学へにゅうがくをしましたので、4年間いわゆる貧乏学生でした。
授業料や家賃を支払ってくれた親には感謝でいっぱいなのですが、他の出費については自分で賄っておりました。

 

大学生といっても遊びや帰省時の交通費等、出費は多くあります。
私は週に6日程、ほとんどバイトをしていました。
月に8万円位は頂いていましたが、毎月の生活は切り詰めていました。

 

大学卒業後はずっと一人暮らしだったのですが、お給料内で生活費全てを賄っていたため『余裕のある生活』からはほど遠かったです。
社会人になると学生時代に比べて、飲み会等付合があり出費等はハンパなく多くなってしまいました。
毎日の生活は切り詰めてはいたものの、生活費が苦しく、時には税金を払えなく市役所へ相談したこともありました。
市役所の方は分割といった対応をしてくれたため大変助かりました。

 

私の中では生活費は切り詰めることが普通でした。
そんな私も一昨年結婚をしまして、相手は私と全く正反対の人。
比較的裕福な家庭で育ち高収入。
あ〜、これでお金に苦労しない人生を送ることができる♪と思っていたのですが、結婚したからといってそんな簡単には変わりませんでした。

 

夫は貯金好きで株もいくつか保有しています。
そのため生活費は限られているんですよね〜★

 

まぁ、今まで切り詰めた生活を送ってきて、それなりに節約術も身についているのであまり苦労はしておりませんが。

 

お金に余裕があり、値段を気にせずに買い物がしてみたいものです(スーパーであっても!)。

 

お金を借りたいときに役立つテレビCMでも有名な一流消費者金融で借りたくなりますが・・・

 

生活のためにキャッシングしてしまう落とし穴

日々生活をしていてお金が欲しいなと思ったことのない人はほとんどいないと思います。

 

そのぐらいお金というものは我々の生活の中で大きなウェイトを占めています。

 

必要なお金を捻出するために、私たちはムダな支出を削減するという努力をします

 

。これにより大半の場合は資金不足をカバーできます。

 

しかしながら、急なリストラやギャンブルでの大損等により、いきなり資金が不足する事態が発生しています。

 

このような場合、一時的であってもキャッシングをしてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

ただし、キャッシングの大きな落とし穴として、借りた瞬間はお金があるように思えますが、これは非常にリスキーな金融商品と一緒で、高利息であります。年利14%とかそれ以上求めてくる場合も少なくありません。

 

つまりキャッシングの返済が追いつかなくて、第2のキャッシングを行ってしまうのです。

 

1度このドロ沼にはまってしまうと、抜け出すことは相当に困難です。

 

キャッシングに頼ることが当たり前の体質になっており、また、そうであるばかりに返済額はどんどん増えていきます。

 

しまいには破産に追い込まれ、家財道具・車等金になるものは全て売却され、裸一貫となってしまうのです。

 

ここまでなってしまうと、もはや人生を楽しめなくなってしまうので絶対に避けたい状況です。

 

これを防ぐ方法として、キャッシングする必要のない資金繰りをすることが重要となります。

 

まず、ギャンブルはやめることです。ギャンブルで絶対に勝てる法則を持っている人ならともかく、恒常的に負けていて今度こそは勝って取り返すという心理の方。今すぐにやめてください。あなたはギャンブルに向いてないのでまじめに働くべきです。

 

 

次に、急にリストラされた場合です。この場合、会社の状況が危ないなというのはリストラされる前から分かるはずです。

 

そう感じたときから、本業以外の副業を検討すべきです。また、新しい就職先等も調べておいたほうが良いでしょう。

 

これにより仮にリストラを受けても、すぐに再就職に向けた活動ができ、就職活動中の生活資金も副業によりある程度カバーできるはずです。

 

そして、キャッシングしてしまう一番の原因は、自分自身の弱さにあります。絶対にキャッシング等しないぞという気持ちさえあれば、一生お世話になることのない金融商品です。

 

キャッシング不要の人生をぜひ送ってください。

 

口コミ人気
安心安全!評判最高♪
気軽に借金相談!債務整理の無料相談は多いですよ♪
すでに多数の多重債務者が
借金苦から解放されています!
あなたも早く相談して楽になって下さい♪

 

過払い金請求のやり方

みなさん過払い金とは何かご存知ですか?過払い金とは、本来支払う必要がなかったにもかかわらず、消費者金融などの貸金業者に多く支払ってしまったお金のことを指します。そしてこの過払い金は、相手方に請求することができるのです。
利息制限法という法律では、利息の上限は貸金の金額に応じて15%〜20%と定められています。一方、出資法という法律では、利息の上限が29.2%となっており、
お金を貸す際の利息が利息制限法の上限を超えていたとしても、この出資法の上限を超えていなければ刑事罰を受けることはありませんでした。
つまり、この二つの法律における利息の上限の差によって支払ったお金が過払い金となり、支払った相手方に請求することができます。また、現在進行形で返済を行っている方でも、過払い金を支払っている場合には返済の相殺や、過払い金請求ができます。
過払い金請求は自分一人でも可能ですが、弁護士や司法書士などのプロに依頼することが賢明です。プロの方に依頼をすれば、わざわざ利息を計算する必要もありませんし、金融会社への請求も代理で行ってくれます。裁判を起こす際など、法律の知識が浅い人にとってとても心強い存在となるでしょう。
過払い金請求はプロに依頼する方が上手くいくので、まずは信頼できる弁護士や司法書士を見つけましょう。

 

 

キャッシングローン|いま借りれない|無料電話相談|サラ金ブラック|ネオ闇金

 

 

債務整理と住宅ローン|マイカーローン|債務 整理|17条書面

 

 

安心|財産処分|借金相談掲示板|学生ローン

 

高金利の所から借りてしまいました。恥ずかしながら信用情報が足りないのか、どこからも貸してもらえず、しかしお金は必要という訳でなりふり構わず借りれる所から借りたというのが原因です。自営業で景気も悪く利益も出ていません。金利しか返せなくて元本が全く減らないのです。このままでは商売を畳んで自己破産という道を選ぶしかありません。何か良い道はないもんでしょうか?

やり直し|減免|即収入|債務帳消し

 

 

借金多重債務|借金体質|借金女王|債務過払い|借金苦

 

 

債務の発生|完済してるぶん|自己破産費用|借金問題解決

 

 

 

 

昨年、父が経営する会社が破綻寸前に陥った。

 

従業員への給料も支払えず、銀行の融資も勿論不可能。

 

個人で借り入れするしか方法がなかったが、

 

父は多重債務者で、あらゆる貸金業者からブラックとして登録されている為、

 

結局、僕が大手銀行系の消費者金融で借りさせられる羽目になった。

 

現在も返済に困っている状態です。

 

今なら借金相談無料キャンペーン
過払い任意整理の借金半額やゼロにする債務整理もあり!

法律相談カフェ

  • 毎月のローン支払いが厳しい
  • 返しても返しても借金が減らない
  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金減額いくら?債務整理〜任意整理から過払い無料診断↓ココから
cafe320150

 

無料相談は気軽にOKです!自分の大切なお金必ず取り返しましょう・・・
借金問題の根本は、違法な高金利を長期間支払ってきたことがポイントなのですよ♪
債務整理は国から認めらた借金解決の法的手段です。
借金問題を本気で解消するならオススメです♪↓

verybest1

 

  • 弁護士に自己破産できるのか?電話で尋ねたい!
  • 専門家に依頼したい債務整理の費用や手続きを教えて!
  • 過払い請求や任意整理の意味がわからない!
  • 自己破産と任意整理の違い、どちらを選べばいいの?

 

 

借金問題を弁護士と専門スタッフが解決、ベリーベスト法律事務所へ!

300人以上の弁護士と専門スタッフがあなたの力になりますよ!
選び方に迷ったら
ベリーベスト法律事務所がオススメです!
350000件突破の相談実績実績ってすごいですね♪
ベリーベスト法律事務所は130名以上の弁護士と専門スタッフから
債務整理/過払い金/任意整理/個人再生/自己破産/借金問題など
専門チームの担当弁護士が速攻相談に乗ります!
もう家族に精神的に辛い思いさせないで・・・
相談は全国から365日24時間無料で対応可能!
なんどでもOK ですよ!
気軽にご相談頂いても構いません・・・

 

無料相談はコチラから←
あなたの人生が・・・今すぐ変わります! 


借金問題を解決するコツは、気軽にチェックして借金を減らすこと!

caffe468

お金が欲しい!お金っていくらあっても足りない!|借金 自己破産記事一覧

末の子がいよいよ大学を卒業することになり、長かった教育費との戦いも終了、と、胸をなでおろしていたのですが、なんと、「資格をもっと充実させるために専門学校へ、もう1年行きたい。」と言い出したのです。アベノミクスの効果もなく、志望した就職先には、振られ続けてしまった息子でした。より、具体的な資格を手に入れ、再度就職戦線に臨みたいという気持ちも理解できます。できれば、ヒヨコが社会に出るのをしっかり応援し...

親父、お金がいるよ!都会にいる息子が嫁をもらいたいと、だから先様のご両親に挨拶お願いしますと電話があった。それだけなら「とうとうやったか、我が家にも嫁が来るのか、うれしい限り」だと思ったら「ところで結納金にするお金100万、後で払うから先に出してよ!」「そんな金どこにある?あるわけないだろ」と言ってはみたものの何とか準備をしてやらないとなと思い、妻に「どうする?」「50万位はなんとか出せるけど、1...