意整理のメリットとは

seikou

借金の問題を解決する為には、自己破産しか方法な無いというイメージを、持たれている方も多いようです。

 

もちろん、自己破産はそれまでの借金を全て無かった事にしてくれるので、借金の問題を大きく解決してくれます。

 

しかし、自己破産の場合、土地や家などの財産や20万円以上の現金や財産などは、借金返済に充てられる為、手放さなくてはいけません。

 

また一定期間、職業に制限もつくので自己破産はしたくないという方も、多いのではないでしょうか。

 

借金の問題を解決したいけれど、自己破産には抵抗があるという方には、任意整理をお勧めします。

 

任意整理は自己破産のように、借金をゼロにする事はできませんが、借金の総額を減らし月々の返済を少なくなる効果や、
利息分を支払わなくて済む、また場合によっては過払い金が帰ってくる事もある債務整理です。

 

任意整理は負債の圧縮が目的ですので、借金の返済をしなくてはいけません。

 

一般的に任意整理の場合は、利息制限法に基づいて引き直し計算をし、債権者との和解が成立すれば約3年で借金の返済を行います。

 

このように聞くと自己破産の方が、借金も無くなるしメリットがあるように見えますが、任意整理には自己破産にはないメリットがあるんです。

 

まず任意整理の場合、裁判所を通さず行う事ができます。

 

自己破産の場合、裁判所の免責が下りないと借金を整理する事はできないのですが、任意整理は弁護士や司法書士が直接債権者と、
話し合いを進めるのが特徴です。

 

ですので自己破産では整理する事が難しい、競馬やパチンコなどギャンブルによる借金や、ブランド品の購入など浪費による借金も、
任意整理なら整理する事が可能です。

 

また、自己破産は手続きに時間がかかってしまい、自己破産が成立するには平均して約半年から1年はかかると言われていますが、
任意整理の場合ですと約3か月から半年で成立すると言われています。

 

ですので、スムーズに債務整理を行いたいという場合は、任意整理が向いていると言えるでしょう。

 

そして、任意整理の場合は自己破産のように、財産を手放す必要が無いという点も、メリットと言われています。
任意整理ならマイホームを手放す必要もないので、土地や家を残しておきたい方にお勧めです。

 

任意整理の場合は、全ての借金を整理するのではなく、例えば5社から借り入れをしていた場合、そのうちの3社だけ債務を整理できるといった、
特定の債権者とだけ借金を整理する事ができます。

 

このように任意整理は、色々なメリットのある債務整理として弁護士や司法書士の中には、自己破産よりもまず任意整理を進める方が増えています。

 

任意整理の流れ・費用など

債務整理にはいくつかの方法がありますが、そのなかの任意整理について簡単にご紹介します。
まず、以下のケースを例として説明します。
「5社から合計300万円を金利29.2%で融資を受け、毎月返済している。」
任意整理の流れですが、まず電話なり、伺うなり相談が先になると思います。
@代理人(弁護士や司法書士)に任意整理を依頼。
※司法書士は140万円以上の債権者については受任できません。
A代理人が各債権者(融資を受けた会社)へ受任通知を発送。
Bこの時点で債権者への返済はストップします。
C今までの各債権者との取引を、契約当時から年18%の金利だったとして現在の残元金を計算しなおす。
※この時、残元金がマイナスになった場合、払い過ぎた金利が返ってくるケースもあります。(過払い金返還)
Dその残元金を原則金利ゼロで返済計画を立てる。
E代理人(依頼した弁護士や司法書士)が各債権者と返済計画について交渉し同意書を交わす。
F返済開始。
※同意書には2回返済を怠ると金利ゼロではなくなるなどの条件が書いてあります。
続いて費用についてですが、弁護士や司法書士の事務所によって若干違います。
また、過払い金返還となった場合や、そのための訴訟が必要になった場合も違ってきます。

なので、以下の金額はだいたいの金額ですが、実際の費用と大差は無いと思います。
@着手金、債権者の数×2万円
A報酬金、Cで残元金が減った場合、元の残元金との差額の1割
B過払い金返還があった場合の報奨金、元の残元金の1割+返還金の2割
最後に任意整理のデメリットですが、信用情報機関に登録され一定の期間(信用情報がクリアされるまで5〜7年と言われています)は借入やローン、カードを作るなどが原則できません。
原則できないと書いたのは、信用情報に登録されているが、その人に貸す貸さないは債権者の判断だからです。
それでも貸してくれる債権者なんてちょっと怖いですけどね。

 

良い弁護士の探し方

 払いすぎたお金が戻ってくる。最近、そんなことを言っているCMが増えてきましたね。ここ数年で過払い金請求の手続きは随分と有名になりました。多くの法律事務所が無料相談を受け付けており、借金をしている方にとっては頼もしいかぎりですが、弁護士選びには気をつけてください。弁護士によって報酬がかなり変わってきます。今回は良い弁護士の探し方について説明したいと思います。

 

■ホームページをチェック
 一般に、過払い金請求のホームページはどれも都合の良いことばかり大きく書いて、具体的な金額については分かりづらく書いている場合が多いです。割高な場合もありますので、相場などを自分でしっかり調べてから過払い請求をお願いしましょう。

 

■報酬について、本人にも直接聞いてみる
 ホームページだけでは充分と言い切れません。場合によっては報酬が大きく変わることもあるので、具体的に説明を本人から求めましょう。弁護士には、後でトラブルにならないように事前に報酬について明確な説明をする義務があります」

 

■ネットのレビューを見てみよう
 インターネットには、一足に先に過払い請求をした先輩達がたくさんいます。彼らの意見を聞いてよい弁護士事務所を探してください。大手だからといって必ずし良いところというわけではありません。