お金を借りるなら公的機関から借りるのが一番安全です!

seikou

お金を借りられる「生活福祉資金貸付制度」は公的機関で安心です

 

一般にお金を借りることを考えた時に一番に浮かぶのは民間の金融機関やカード会社のキャッシングなどが挙げられます。しかし、これらの民間企業の他にも公的機関で貸し付けを受けられる制度があります。
民間の企業は即日融資など急にお金が必要になった時や、一時的にお金を用意する必要がある時には便利ですが、金利が高いのと無計画になりがちで無理な借り入れなどの為返済が出来なくなる、多重債務に陥るなどの危険性をはらんでいます。
公的機関での貸し付けは、圧倒的に低金利での貸し付けの為、支払いが無理なく出来るという利点があります。
中でもどの地域でも利用出来るものとして「生活福祉資金貸付制度」という制度があります。この制度は、お金が無くて生活に支障が生じている家庭が、自立して生活出来るようにサポートしてくれる貸し付けの制度なのです。法律に基づいて設立された社会福祉協議会によって運営されておtり民間の福祉を充実させる為の機関なのです。
お金の用途としては生活費全般が対象になります。貸付限度額は単身世帯で月額約15万円以内、2人以上の場合は月額20万円以内x最長12か月分を上限として貸し付けてくれます。金利は保証人がいれば無利子ですが、保証人がいない場合は年利1.5%の利息がかかります。返済期間の設定は必要ですが、状況によっては設定しなくても可能です。
ただ誰でも貸し付けてくれるわけではなく、あくまでも生活支援のための貸し付け制度の為、市町村民税が非課税となる低所得者世帯が対象で、他の公的支援を受けていないことが条件となります。
どのように申し込めばいいかというと、まず社会福祉協議会に申し込んで審査を受けます。審査内容としては民間企業とは違い、本当に返済できるかというよりは、本当に貸し付けの必要がある世帯かどうかが大きなポイントです。あくまでも福祉目的の貸付制度であるということが大前提としてあるのです。
審査は1〜2週間程度かかる為、余裕を持って申し込むことが大切です。またこの制度は生活の立て直しの為の相談に乗ってくれますが、相談を受けることが前提の貸し付け制度の為、ただお金さえ借りられれば良いという方は利用できません。
逆に、例えば急な病気で就業不可能になった、夫の急死で生活が出来なくなったなど止むを得ない事情で生活に窮した場合にはきっと力になってくれますので、早めに相談に行ってみると良い結果につながります。

 

お金を借りたいなら
kanehituyyou01

 

お金を借りたいけど・・・もう返済できない悩みに役立つテレビCMでも有名な一流債務整理も、念のため紹介しておきます。
↓   ↓   ↓
そういうときに役立つ借金相談の方法もとりあえず、万が一のために先に紹介
気軽に相談してください!今すぐ楽になりますよっ(^^♪

スマホから債務整理OK♪

口コミ人気
安心安全!評判最高♪
気軽に借金相談!債務整理の無料相談は多いですよ♪
すでに多数の多重債務者が
借金苦から解放されています!
あなたも早く相談して楽になって下さい♪
seikou

souya01

そうや法律事務所

そうや法律事務所は借金問題に特化した債務整理に強い弁護士事務所です

経験豊富な弁護士が在籍・対応
最短即日に返済や督促ストップ可能!
相談は24時間受付で土日も全対応
相談は何度でも無料の親切で優しい先生です!
相談は0円!初期費用も0円で全国対応
弁護士費用は分割払い可能だから安心ですよ
アラサー借金女・メール相談OK

amane02

天音法律事務所

誰にも相談できない借金の悩み天音法律事務所が解決します

今すぐ借金の悩み解決しませんか?
何時までも金利だけ返済するのはもうやめましょう!
家族や会社に内緒の借金も秘密にしたまま債務の整理可能です
毎月の返済するストレスを専門家が解決!
相談何回でも無料!全国24時間365日対応
初期費用0円 分割相談可能です
給料の大部分を返済に充てなくて済みますよ!

osinari02

おしなり法律事務所

借金問題解決します

債務整理や過払い金の相談は おしなり法律事務所に任せましょう
全国対応・取り立てストップ・分割払いOK・秘密厳守
業者の取り立てストレス解消
消費者金融やクレジット会社からの借り入れ
利息は何とか返済しているが元本を減らしたい
月々の返済が多くて辛すぎ( ;∀;)
こんな方!早めに相談してください!

 

 

 

 

早く、過払い金を取り戻してください!

激しいい督促に合い、電話の攻勢や嫌がらせ!解決できた方が激増中!

 

個人がお金を借りる時(リボルビング契約の借入枠を設定も含む)、50万円を超えて借りるケースや、借りている分も合わせて100万円を超えて借りる場合は、年収を証明する書類の提出が必要です。

 

それ以外の借入れであれば、自己申告に基づき年収を確認することとなります。

 

改正貸金業法による消費者金融の規制の効果が厳しく出ています!

 

お金を借りる時も、返済するときも、債務者は苦労の連続ですね!

 

融資を断られても、また貸してくれそうな金融業者を捜し歩く!

 

結局、返済できなくなると・・・・激しいい督促に合い、電話の攻勢や嫌がらせ!

 

総量規制によりサラ金や消費者金融も、倒産に追い込まれています。

 


hatano32048

関連ページ

公共貸付制度の生活福祉資金(福祉資金)とは?
公共貸付制度の生活福祉資金(福祉資金)とは?