過払い金請求 時効

過払い金請求 時効|過払い金請求の時効は10年

最近本当によく耳にする機会の多い過払い金、

 

ご存知のない方もいらっしゃると思いますが、

 

過払い金とは借り入れした借金などの払い過ぎ分を、
法的手続きによって取り戻すものです。

 

そのために弁護士や司法書士に手続きなど
代行してもらい請求するのですが、

 

この過払い金も発生してから10年で 時効を迎えることになります。

 

 

 

完済してから10年未満の借金で気になるものがあれば、
一度弁護士に相談やもしくは専門サイトでの
簡単なシミュレーションで、
過払い金の有無を確認してみましょう。

 

意外と過払い金といっても請求するほどの
金額ではないのではないかと思い、
調べもしない方もいると思います。

 

ですが借入した場所や年数によっては、
思っているよりも多い金額が戻ります。

 

むしろ過払い金の請求金額よりも、
依頼した弁護士や司法書士に払う、

 

依頼料などのほうが高くついたりします。

 

 

現在様ざまな場所で弁護士などの過払い金請求の
返還を即すような宣伝があります。

 

依頼する弁護士や事務所などによっては、
過払い金の返還請求の依頼料のほうが高くつき、
肝心の過払い金の方が少なくることもあります。

 

もし過払い金があり請求を弁護士などに依頼するのであれば、
このような弁護士に頼む際の依頼料や手数料を
念頭に入れて依頼するのをおすすめします。

 

過払い金の相談料は無料なことが多いのですが、
請求する過払い金の額により、
請求される手数料は変わってきます。

 

意外とこのようなことが、
依頼後のトラブルに発展したりしますので、
申し込みの際は気をつけたいものです。

 

また相談件数が増えるにつれ、
悪質な事務所でのトラブルも増えています。

 

相談する際は事務所の評判や、
弁護士や司法書士の評判を調べてから相談するのが、
トラブル回避につながります。

 

 

 

但し過払い金は金額計算が大変なうえ、
高金利で貸し出す業者というのは、
こういった請求に対する交渉には慣れているもの!

 

個人で返還請求をして、お金を取り戻すのは、なかなか大変です。

 

借金返済中に、
返済金利が20%以上になっていると思う場合は、
弁護士などに相談しましょう。

 

借金関連の相談窓口がありますし、
法テラスもあります。
多くは相談だけなら無料です。

 

過払い金は金額によっては、
支払オーバー額で、
借金の総額が返せるような金額になっていることもあるので、
何かおかしいと感じたら、まず無料相談に行ってみると良いでしょう。

 

ちなみに、返済途中ではなく既に返済すみの借金についても、
支払いが超過していれば、過払い金請求は可能です。

 

返済期間が10年近くあった人は、
返済済みの人も、返済利息を見直してみると良いでしょう。

 

素人が無理なのは、まずいくら返金しているか、
自分で完全に把握しづらい点です。
まず借りた業者から借金明細、
返済明細など必要な書類を取り寄せましょう。

 

この段階で個人交渉だとハードルが高いのですが、
専門家がいる場合は、請求自体もスムーズですし、
必要な書類に漏れがありません。

 

また過払い金請求は、訴訟ですので個人でやる!
には更にややこしいです。専門家に依頼する方が賢明です

 

過払い金請求

過払い金請求、10年近く20%以上の利息で返済している場合は注意

 

テレビCMなどで「過払い金請求」というのが流れてきたりしますが、


意味が解っていない人もいるのでは?

 

過払い金というのは
お金を借りた際に法律の上限を超える高金利で借りており、
不要な金額を返済しているケースがあるのですが、
その払い過ぎのお金のことです。

 

一般的には、借金の返済の債務整理をしようとして、
専門家に相談し、その際に不要な返済額が発覚するパターンが多いようです。

 

しかし、もちろん借金返済中にこんな金額を返さなければいけないのだろうか?
と思い、請求することが可能です。

 

借金問題を解決するコツは、気軽にチェックして借金を減らすこと!

cafe305
page top