過払い金 計算

過払い金 計算!取引期間が長いと本来払うべき金額以上の金を返済している可能性があり

金融業者との取引期間が長いと、
業者に対し本来払うべき金額以上の金を返済している可能性があり、
余分に支払った金を過払いと言います。

 

過払いが発生すれば、
業者に対し余分に支払った分を返すように要求可能です。
返してくれという要求を過払い金請求と言います。

 

過払いが発生時は、
弁護士、司法書士が、業者に過払い分返金するように請求し、
互いに納得できる金額で和解可能になります。

 

利息制限法では、
お金を貸す時に、
これ以上の利息を付けて貸してはいけないという上限が定められています。

 

この利息上限は金額によって違うのですが、
利息制限法では金額が
10万円未満の場合は、年20%まで、
10万円以上100万円未満の場合は、年18%まで、
100万円以上に場合は、年15%まで
とい縛りがあるのです。

 

多重債務に陥っている方は
大体100万円を超えていると思いますから、
過払い額も大きくなりがちです。

 

自分が過払いになっていないかの
条件を照らし合わせてチェックしてみるのが良いでしょう。

 

自身で判断出来ない場合は
弁護士や司法書士に相談してみましょう!

 

メール連絡のみで自分の状況を記載すれば、
過払いかどうかの判断位は無料返信してくれる所もあります。

 

過払いで請求出来ると解れば、
キチンとお金を払って相談に入りましょう。

 

弁護士や司法書士が介入すれば、
業者との今までの取引明細を取り寄せて、
利息制限法で定められた利息で計算し直します。

 

あくまでも例ですが、
過去5年に渡り、
年率28%で金を借りていたとすれば、
ここ5年の取引全て利息制限法の利息、
年18%で引き直し計算します。

 

という事は業者が利息制限法の上限を超えて取った利息分10%が、
元金返済に充てられ、結果的に借金の総額が減るのです。

 

多重債務の方は借金が長引いて苦しい状態になっていて、
なおかつ過払い状態になっている可能性も高いので
一度整理してみても良いでしょう。

借金問題を解決するコツは、気軽にチェックして借金を減らすこと!

page top