hatano32048

過払い金の債務整理

hatano320250

過払いが発生している可能性

金融業者から、長年にっわたって、違法なグレーゾーン金利で借金と返済を繰り返してきたなら、過払いが発生している可能性があります。
なぜなら、支払う必要のなかった高金利を支払ってきたのだから、過払い金が発生するのは当然のことなのです。
この過払い金を請求するかしないかは、消費者である借り入れをした人の判断次第です。

 

お金がないから借金したのですよね。
逆に、返済する必要のない返済金を長期間支払わされてきたのですから、思い切って返してもらいましょう。
無駄なお金を節約しても、必要のない返済をしている限り、借金がなくなることはありません。
だからみんな過払い金の返還請求をするのです。
現在、過払金返還請求訴訟は膨大な件数となっています。
どうしますか?
借金地獄の状況を放置しますか?
お金を工面しまくっても限度を感じませんか?
そんな無理な工面は、いつまでも続きませんよね!
このまま放置しても、解決にはなりません。
改正貸金業法の完全施行から、国の多重債務者への相談体制も充実してきました!人悩まないで早急に相談して、良い人生を取り戻して下さい!取り戻した人が大多数です。今すぐメールで相談をしましょう♪親切な打ち合わせが可能です。その瞬間からあなたの人生が開けますよ!
sannku23460
債務整理、過払い金請求の無料相談・依頼なら樋口総合法律事務所

  1. ◆初期費用0円
  2. ◆後払い・分割払い対応可能
  3. ◆即日取立STOP
  4. ◆365日・24H全国対応

過払い金の返還請求って、クレジットカードキャッシングで、29.2%利息払った人でも可能ですか?

 

クレジットカードで現金のキャッシングすることは、貸金業法の規制対象になります。改正貸金業法では、100万円の借入金の制限金利は20%が上限となっています。これを超えた金利に対しては、返還請求の対象です。利息の引き直し計算を実施します。それにより本来返済する必要ななかった金利部分は、まず元金に充当されます。元金に充当することによって、すでに借金が過去に消滅していたことになると、その時点以降は、借金がなくなっているのに、違法な高金利を延々と支払わされてきたことになります。これこそまさに過払い金なのです。過払い金に対しては法定利息を付して、返還請求できます。

 

過払い金を具体的に取り返す方法!

過払金って?返済する必要のなかった高金利の金利部分。利息制限法の金利を超えた違法な金利での返済金。したがって本当は、元金に支払う必要のなかった利息を充当して、返済したらなくなっていた元金に対して支払った無用な利息部分。つまりすでに返済が終わっているのに請求され、支払った返済総額が過払い金。だから返還請求できるのは当然ですよ!
★取引履歴の開示
過去の借入時にもらった控えは、必要ありません!安心しましょう、書類がそろわないから請求できない?って不安に思う必要はまったくありません。金融業者に、取引履歴の開示を請求できるのです。平成17年7月19日、最高裁判所は、貸金業者は取引履歴の開示を求められたら、その消費者に対して過去の取引履歴を開示せよ、と判決で命令しました。これにより借入金や毎月の返済記録がなかってっも、金融業者サイドから、請求があれば取引履歴を提供する義務があることになりました。そのため請求する人が、過去に借入した領収書など書類はなくても大丈夫です。
改正貸金業法による総量規制によって個人の借入総額は、原則、年収等の3分の1以下に制限されています。

 

過払い金返還請求

 

過払い金は払い過ぎた高金利を、あるべき金利に引きなおして払いすぎた高金利の返還請求を可能にする制度です長期間違法な金利を支払ってきた債務者が、違法な高金利を取り返し利息まで請求できる制度ですさらに債務が残れば金利カットしたり減額するなどあらゆる手段を講じて債務者に有利な解決策を模索できますコレまで数十万人以上の多重債務者が借金苦から解放されています過払い金は、支払わなくてもよかった余分の返済金のことです。利息制限法を超え、出資法5条の29.2%を超えない高金利で貸し付け金利の差額分は、取り返すことができるのです。それが過払い金です。この、利息制限法と出資法との間の金利を、グレーゾーン金利と言います。

 

債務整理で過払い金が判明することも

お金を借りて毎月の返済をしていたけれど、職を失ったりして毎月の返済ができなくなった。そういった際に債務整理という方法があります。債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などの方法があります。借金から抜け出せなくなってしまう人には、お金を借りる→返済できない→また別のところから借りる→また返済できなくなる→お金を借りるこういったことを繰り返してしまうケースが多く多重債務になります。お金を借りると必ず利息がかかってきます。いろいろな貸金業者から借金を繰り返していると、利息ばかりが膨らんでしまいなかなか元本が減らないといったことにもなりかねません。もしこういったことになってしまった場合には、個人ではどうすることもできません。そういった場合にはプロの意見を聞いて債務整理する方法をとるようにしましょう。債務整理をした際に、払い過ぎていたお金を取り戻せるケースもあるようです。ひとりで悩んでいないで、まずは相談してみるとこれからが開けてくるかもしれませんね

 

任意整理をする時には過払い金請求がお勧め

任意整理という債務性炉をする方も多いと思います。ただ、任意整理については、効果については非常に限定的な存在になってしまいます。ですので、上手く対策法を考える必要があります。そもそも任意整理には借金元金を減らすような効果はほとんどありません。基本的に、利息の支払いをなくすような効果になりますので、上手く対応することが難しいと思っていただいて間違いないものになります。もちろん、金利については最大で20パーセントになりますので、その支払いがなくなるということは非常に大きなプラスになる場合もあります。しかし、ちょっとだけ借金返済金が減れば対応できる方のみが採用できる方法になっています。そこで注目していただきたいのが、過払い金の返還請求というものになります。過払い金請求ですが、過去に払いすぎていた利息分の支払いを取り戻すことができるというものになります。利息分の支払いというものですが、過去にはグレーゾーン金利というものが存在していました。その金利は現在では認められていませんし、過去の分を取り戻すこともできます。ですので、過払い金の返還請求というものができるわけです。そして過払い金の請求は、任意整理と同時に行うことができます。任意整理では利息の支払いをなくすことができるのですが、過払い金が発見できましたらその過払い金の分をいまある者金額からマイナスしてもらえます。ですので、結果的に借金元金を減らることができるような効果をもたらしてくれるということになるわけです。任意整理時に過払い金の請求ができれば、借金元金の大幅減と利息の支払いをカットできる民事再生に近い効果が得られますので、非常に注目していただきたいです。

 

過払い金を取り戻す手続きって?

借金がある債務者は、弁護士事務所に連絡を入れて弁護士事務所に行き、弁護士に過払い金返還請求を委任します。

 

弁護士は、貸金業者などの債権者に対して受任通知を発送します。

 

この受任通知は、過払い金返還請求を弁護士が受領したことの通知です。

 

この通知を債権者へ送付すると、債権者が直接、借金の催促などの連絡を債務者してはいけない決まりになっています。

 

更に、債務者は、債権者への借金の返済を一旦、中断する事ができます。

 

この借金の取り立ての中断は、債務者の心を落ち着かせる要因になります。

 

弁護士は、債権者に対して、債権者と債務者の過去の取引履歴を開示して貰い、この取引履歴が債務者の弁護士に送付されます。

 

殆どの場合、限度額一杯の29%という高金利で計算されています。

 

弁護士が、利息制限法の18%以上の利息を支払っているか確認をし、支払っいたら、この額が、過払い金になります。

 

過払い金が発生した場合、弁護士は、返還請求を各社にFAXします。

 

もし、貸金業者が、返還請求に応じない場合、弁護士は、地方裁判所に訴えを起こすことになります。

 

この時、訴訟を起こす場所は、簡易裁判所ではなく、地方裁判所に訴訟することが重要です。

 

なぜなら、簡易裁判所に出頭できるのは、本人、弁護士、貸金業者の代表者、支配人、司法書士、社員なのですが、地方裁判所に出頭できるのは、本人、弁護士、貸金業者の代表者、支配人だけです。

 

貸金業者の社員と司法書士は、地方裁判所へ出頭することができません。

 

よって、地方裁判所へ出頭するのは、貸金業者の代表者か支配人になり、貸金業者が弱気になる場合があります。

 

しかし、地方裁判所へ訴える場合は、訴えの金額が140万円を超える必要があります。

 

弁護士が抱えている小さな訴訟を積み重ねて、140万円を超える裁判にする方法もあります。

 

過払い金を取り戻す為の訴訟の多くは、法律事務所があり、貸金業者の本社がある東京地方裁判所で実施されます。

 

 

過払い金

 

 

 

多重債務者の過払い金返還請求で借金返済止める!督促なくなる確実に・・・

 

消費者金融から長年にわたって借り入れをしてきた人は、元金の利息払い過ぎ!

 

消費者金融から、5〜10年もj高金利を支払わされた人は

 

払い過ぎた利息を取り戻せます!

 

利息制限法の金利で計算すると、

 

すでに借金なんてなくなっていた!!

 

これが過払い金返還請求ってことなのですよ!

 

なんとあなたの借金は、利息計算すれば、無くなっていた?

 

にもかかわらず、消費者金融やサラ金から、

 

毎日督促電話や強引な取り立てに合い、金策に走り悩み深い人生を送っていた!

 

消費者金融は、

 

罰則規定のない利息制限法違反で、
なおかつ

 

出資法の最高上限金利29.2%で計算して、あなたに請求していたのです!

 

だから、利息制限法で計算しなおすと、払い過ぎた金利が発生するのです。

 

消費者金融や金融業者に払い過ぎたお金を取り戻すのは、個人でもできます。

 

だだ、個人で裁判を起こして、取り戻した人も最近は増加しています。

 

しかし、訴訟の相手は、ありもしない金利を平気で、職場や自宅に請求してきた相手です。

 

簡単に、はい、お金を返却します!って言うことは、ありえないことです。相手も相当抵抗してきます。

 

弱い素人が、直接交渉するなんてことは、考えない方が、賢明です。

 

今まで、法律の専門家に、相談した人は、払い過ぎたお金に利息までつけて取り戻した人が多数います。

 

過払い金の請求は専門家に任せましょう!

 

悩んでいないで即相談して下さい。あなたの力になります

 

今や、簡単にキャッシングができる時代になりました。

 

自転車操業を繰り返し、湯水のようにお金を使い続け残ったのは多額な返済額、途方に暮れ自殺まで考える日々でした。

 

そんな私を救ってくれたのが債務整理です。

 

債務整理とは、(債務)すなわち借金の整理する、方法の事です。

 

返済に追われる日々から脱出できます。

 

 

債務整理にあたって信頼できる弁護士を探しましょう。

 

有名な事務所は手数料も高いので気を付ける事も必要です。

 

 

後は全て事務所が解決してくれます。
自己破産ではないので、少なくなった返済額をしっかり返済しなくてはなりませんし、カードは作れませんが考えてお金を使えるようになります。
是非勇気を持って債務整理をしましょう。

 

お金に悩んでいた日々が、嘘のように楽になります。

 

過払い金はなぜ発生する?

過払い金はなぜ発生するのでしょう。
貸金の利息には2つの法律があります。
「利息制限法」と「出資法」です。
利息制限法での上限金利は、借りた金額によって違います。
利息制限法
金銭消費者借の利息は利息制限法によって次のとおり制限されています。

 

これを超える部分は無効となります(同法1条1項)
年20%ー元本が10万円未満の場合
年18%ー元本が10万円以上100万円未満の場合
年15%ー元本が100万円以上の場合
つま
10万円未満は年20%
10万円以上100万円未満は年18%
100万円以上は年20%
出資法
そして出資法での上限金利は年29.2%です。
貸金業者は少しでも高い金利で融資をした方が利益が上がるので出資法の上限金利内(29.2%以内)で融資をすることがあります。
例えば、貸金業者から年29.2%の金利で50万円を借り、30日ごとに2万円を返済していくとします。
30日後の1回目の2万円返済で、利息が50万円×29.2%÷365日×30日=12000円、残元金が50万円−元金充当8千円=492,000円。
さらに30日後の2回目の2万円返済では、利息11,808円、元金充当8,192円、残元金483,808円となります。
過払い金請求では、融資を受けた当初から金利が29.2%ではなく18%だったら今の残元金はいくらになっているのという計算をします。
もちろん30日間の利息が少ないので、その分元金は多く減ります。

18%では32回目の返済で元金はゼロになりますが、29.2%ではまだ元金が12万円以上残っていて、元金ゼロまであと7回返済する必要があります。
元金がゼロなら利息もゼロなのでこの7回返済した約14万円が過払い金請求で返ってくる金額になります。
ちなみに返済と融資を繰り返し、常に残金が49万円以上あるような取引を続けたとしても、18%なら66回目で元金ゼロとなり、29.2%との元金の差が約50万円も開く計算になるのです。
※取引によっては(返済と融資の仕方)過払い金が発生する時期に差がでます。

 

債務整理にあたり過払い金があれば、きちんと返還を求めるようにしましょう。

わが国では、利息に関して利息制限法と出資法という2つの法律があります。
このうち出資法では利息の上限は29.2%になっていますが、
利息制限法では利息は15%から20%が上限であると決められているのです。

 

この矛盾点はかねがね指摘され続けてきましたが、
最高裁判所の判決によって消費者金融業者などが貸付けを行う時に金利が20%を超えていると
出資法違反で刑事罰が課せれることになりました。
つまり利息制限法に基づき、15%から20%を上限の金利と上限にして、貸付けをしなければ
ならなくなったわけです。

 

このためアコムやアイフル、プロミスなどといった消費者金融業者を長年利用している場合には、
債務の金額を減らしたり過払い金の返還が受けられる場合があります。
取引の内容にもよりますが、7年から8年以上取り引きをしている場合には、利息の過払い金が発生していることが多いと言われれています。
ですから債務整理をするときには、過払い金があればきちんと返還を求めることが必要です

 

次は完全に返済が終わっている場合でも過払い請求はできますから、ネット等で経験豊富な弁護士をさがすなどして過払い金をとりもどしましょう。

 

最近では相当高額の過払いの請求を消費者金融業者も受けていて、会社の経営に影響を与え破綻するところも出るようになってきています。
資産規模が小さい会社に対して過払い金の返還を求める場合等には、出来るだけ早く過払い請求をしたほうがよいと言えます。

 

改正貸金業法

貸金業法が改正され、改正貸金業法が、2011年6月より完全施行されました。
改正貸金業法によって、出資法の上限利率は20%に抑えられ、20%を超える貸し付けは刑罰の対象とされたのです
。同時に総量規制により個人の借入総額(借金のトータル)が、原則、年収等の3分の1までに制限されることになったのです。
そのため稼ぎのないために収入証明がない専業主婦が消費者金融に借入しょうと思えば、収入のある配偶者の同意を求められることになったのです。
グレーゾーン金利という、世にも不透明な法律の隙間が埋められました。
高い利息を長期間支払ってきた人たちが、違法に支払わされてきた過払い金の返還請求を簡単にできるようになりました。
不当な借金の督促に悩まされてきた債務者は、払い過ぎた返済金の返還訴訟を求めています。
長期間、年29.2%というギリギリの利息を、何も知らないで取れたてられた人は、膨大な過払い金が発生している可能性があります。
利息制限法の限度金利で、支払い済みの金利を引き直し計算すれば、過払い分が判明します。
この過払い金に利息を付けて、返還してもらえます。
この現実の法改正や判例を知らない主婦や女性が、いまだに高金利の支払いをしている可能性は?
サラ金や消費者金融に、過払い金の返還請求をするどころか、一人で思いつめて悩んでいるOLや主婦が、夜逃げをしたり、督促電話に毎日おびえるなんて・・・あってはならないことですよ!
★消費者金融から、一定期間以上の長期間(およそ4〜5年以上)にわたってグレーゾーン金利(29.2%など違法な高金利)での借入れと返済を繰り返し行ってきた債務者は、過払い金が発生しているのです。
そのため、過払金返還請求訴訟は相当な件数が訴訟になっています。

利息制限法

利息制限法の上限金利(超過すると民事上無効:貸付額に応じ15%?20%

 

出資法:出資法の上限金利超過すると刑事罰:上限金利は20%← (改正前は29.2%)

グレーゾーン金利

出資法の上限金利(改正前は29.2%)と利息制限法の上限金利との間にある金利ゾーンで貸金業者貸していた金利滞のこと。
★改正貸金業法によってグレーゾーン金利は撤廃されました
利息制限法の上限金利を超えた金利での貸し付けは民法上無効です。
また貸し付けた金融業者は、行政処分の対象となります。
貸付金が出資法の上限金利を超えれば、刑事罰の対象です。

 

過払い金請求はお早めに!

過払い金とは、長年、高金利で借り入れをしていた人が、
利率計算法に基づく利率で再計算(これを「引き直し計算」といいます。)をした時に、
本来の返済が終わっているのにもかかわらず返済を続けていたために返しすぎ、
つまり過払いになっているお金のことを言います。
返さなくても良いお金を返していたわけですから、当然返してもらう権利があります。
また、この過払い金とは、逆に言えば金融業者にお金を貸していた状態になるわけですから、
過払い金に5パーセントの利息をつけて請求することができるのです。
ただし、注意しなければならないのは、
請求できるからといって、実際に返してもらえるとは限りません。
専門家を介さず本人が交渉を進めた場合は、まったく相手にされないこともあり、
弁護士等の法律の専門家から請求した場合でも、実際の過払い金金額より少ない金額で和解の申し入れをされることがほとんどです。
この傾向は、経営状態が思わしくない会社ほど顕著で、万が一借り入れていた会社が倒産した場合には、最悪の場合、一円も返してもらえないこともあります。
また、低い金額で和解を申し込まれた場合には、訴訟にすることもできますが、その際には裁判費用と長い時間がかかることを覚悟しなければなりません。
近年、過払い金の請求が増加したこともあり、消費者金融会社の経営を圧迫し、倒産にいたるケースもあります。
基本的には、ないところからはお金を返してもらうことは不可能なので、もし、過払い金に心当たりがある場合には、できるだけ早めに弁護士や司法書士に相談するほうが良いでしょう。
なお、法律の専門家に依頼した場合には、当然のことながら費用がかかってきます。

一般的には、着手金と呼ばれる事件を依頼したときに払うお金と、成功報酬という交渉がうまくいき依頼した人が利益を受けたときに支払うお金があります。
これらの金額は、各事務所によって違うため、よく比べて選ぶことが重要です。
なお、一般的な相場としては、返ってきた過払い金の15〜20%というところが多いようです。 

 

過払い金請求を行う場合

過払い金請求を行う際にはまず金融業者へ連絡を行い取引履歴を取り寄せる事から始まります。 
(理由を問われた際には、返済中の場合には返済プランを検討したい旨あるいは返済が既に終了している場合には過払い金の計算を行いたい旨を伝える事が望ましいです) 
取引履歴を手に入れる事によって引き直し計算を行う事が出来ます。 
次に過払い金請求書を金融業者宛で郵送を行います。 
記録の残る郵送方法を選択する事が大切です。 
郵送前には計算ミスや記入漏れ等をしっかり確認する事が必要です。 
郵送物が金融業者へ届く頃を見計らい、金融業者へ連絡を行います。 
連絡する事によって訴訟や和解等を検討します。 
ちなみに取引履歴の開示請求を業者へ依頼した日時と実際に書類が手元に届いた日時及び連絡先と担当者名を記録しておくことが大切です。 
記録をきちんと行う事によって交渉をスムーズに進める事が出来ます。 
過払い金請求の手続きを行う際には法律の専門家によるアドバイスやサポートを受ける事が望ましいです。 
良い法律の専門家は法律相談によって見極める事が出来ます。 
過払い金請求に関する実績やノウハウ等が蓄積されている法律の専門家と共に、過払い金請求の手続きを進める事が大切です。 


sanku350250

過払い金の債務整理記事一覧

過払い金返還請求の債務整理手続き後の流れ(経験談)弁護士事務所にて債務整理の詳しい説明を受け、現在の借り入れ状況等の確認(書面にて記入)後、現在借入がある各消費者金融のカードを提出しました。手続き後の流れは下記の様に説明を受けました。@明日には各借入先に連絡が行き支払催促はなくなるから、一切支払いはしなくて良い。A今後は、毎月の支払いは弁護士事務所に手数料として支払う。(金額はその場で支払い可能額...