過払い金無料相談!主婦女性にもオススメ

hatano320250

過払い金の相談できる専門家は全国に多数あります。

 

過払い金請求の特徴

 

過払い金請求の手続きを行う事によって、金融業者へ払いすぎている金銭が手元に戻ります。

 

戻った金銭は借金の返済に充当する事が出来る為、借金を減らす事に繋がります。

 

(複数の金融業者から借入を行っている場合には、別の金融業者への返済充当を行う事も出来ます)

 

過払い金請求を行った金融業者からは将来的に借入を行う事が容易ではなくなる事があります。

 

過払い金の計算は今まで及び現在の借入記録と返済状況を参考に、法律に基づいて金利の利率を修正する事による引き直し計算を行います。

 

引き直し計算を行う事によって過払い金の額や残債及び借入金の完済時期等を算定する事が出来ます。

 

ちなみに引き直し計算の概算は市販されているソフトを利用する事によって知る事もできるものの、入力システムや専門用語を多用している場合がある為に正当な過払い金を知る場合には、法律の専門家へ相談を行う事が望ましいです。

 

過払い金請求に関する処理の進め方は一人一人によって異なる為、臨機応変に対応を進める必要があります。

 

法律の専門家によるアドバイスやサポートを受ける為には、法律相談を活用する事がポイントです。

 

良い法律の専門家を見極める事によって、適切に処理や交渉を進める事が出来ます。

 

 

過払い金返還請求は弁護士・司法書士等への任意整理

消費者金融などへ長年返済をしている、やっとのことで完済した、複数の借入先がある、などという方は、債務整理を弁護士や司法書士事務所等にお願いした方がいいですね。そういった債務整理を、任意整理と言います。我が家の場合は一社だけの借入で、過払い金もなかったので、自分たちで特定調停で整理したのですが、ややこしい場合は任意整理のほうが向いていると思います。

 

まずは長年返済をし続けている方、完済し終えた方は、過払い金が発生しているかもしれません。改正貸金業法の施行が2010年でしたので、それまでの金利にはグレーゾーンがあって、金利が上乗せされていました。今は処罰の対象になりますが、昔はならなかったんです。ということは、それ以前から返済をしている人は、本来払わなくてもいいお金を支払っている可能性があります。それを取り戻すのが、過払い金返還請求です。

 

この過払い金返還請求、任意整理(か裁判)じゃないと請求できないんです。弁護士は直接債権者と話し合って交渉できるからです。昔は過払いを取り戻すために訴訟を起こす必要があったそうですが、今は弁護士を通じた請求によって、原則すべて返還されるようになっています。返還請求の時効は取引終了から10年ですから、気をつけましょう。

 

そして、複数の借入先がある多重債務者の方にも、任意整理がオススメです。迫り来る取り立てに、心が病みそうになっていませんか?任意整理をお願いすると、弁護士さんが利息の引き直し計算等をして、債務整理の方針を決めてくれます。

 

受任して、弁護士が債権者各社に「受任通知」を送ると、取り立て行為がなくなるのです。取り立てを続けると違法になるんです。返済もストップして構いません。とりあえずホッとできるのではないでしょうか。

 

任意整理は3年で分割返済が可能かどうかが、選べる分かれ道になります。それが無理なら、「個人再生」か「破産」を選ぶことになります。そのあたりは、しっかり打ち合わせしてくださいね。

 

初回の相談料が無料のところも増えてますし、過払い金がある場合はその中から報酬を支払えば済むところもありますので、気軽に尋ねてみましょう。

 

まだ遅くない過払い金請求

 

TVのCMや広告でよく目にする「過払い金」どんな物なのか調べてみました。

 

利息制限法の金利以下で、出資法の上限金利未満の金利で借り入れた時に発生する、
俗にいうグレーゾーン金利で返済を続けていた人は、金利を払いすぎていることになり、これを返還してもらえるようです。

 

2010年6月に施行された貸金業法及び出資法改正以前に借り入れて、返済していた人は確認をしてみるといいかもしれません。

 

でも、素人には良くわかりません。
自分がその過払いになっているかどうかも、どうやって調べたらいいのか見当もつきません。

 

週間誌によると消費者金融が恐れる司法書士など!

 

週間誌で選ばれた司法書士事務所も話題になりました!

 

 

 

過払い金請求に関する流れについて

 

金融業者から借入を行う場合には、金銭を支払い過ぎるケースがあります。

 

支払いすぎた金銭の事は過払い金と呼ばれ、過払い金の計算及び返還請求を行う事によって金銭を取り戻す事が出来る場合があります。

 

過払い金請求を行う場合には法律や訴訟に関する行為は基本的に本人が行う事が原則ですが、法律の専門家によるサポートを受ける事によって、過払い金返還請求の手続きを有利にそしてスムーズに進める事が出来ます。

 

法律の専門家に依頼する場合には金融業者からの取り立てが無くなる為に精神的にも安定する事が出来ます。

 

過払い金請求を法律の専門家に依頼する場合にはまず法律の専門家へアポイントメントを取ります。

 

相談を行い納得した上で過払い金請求に関する委任契約を締結します。

 

過払い金請求に関する手続きを法律の専門家が行う旨を金融業者へ通知を行い、取引履歴による再計算や金融業者との直接交渉等は法律の専門家が表立って進めていきます。

 

過払い金請求による返還が行われた際には、法律の専門家に支払う費用を精算した後に手元に届く場合が一般的です。
借入金が返済中である場合と完済している場合では処理方法が異なる事もあります。

 

完済している場合であっても過払い金請求を行う事が出来る場合がある為、まずは法律の専門家へアプローチする事が望ましいです。

 

過払い金の返還請求が急増しています。業績が悪化している消費者金融も少なくありません。先着順っていう簡単なものでもありませんが、少なくとも消費者金融が倒産するまでには過払い金を取り戻したいものです。もちろん健全な経営の金融業者も多くあるでしょう。でもあなたの借りていた金融業者が、いつまでも健在という保証はどこにもありませんよね・・・

 

過払い金を取り戻す根拠となる判例について

過払いとは、その名の通り余計に払ったお金であり、本来支払う必要のないお金です。ローマ時代ではありません。貸し手によって身体を拘束されることも奴隷にされることも国外に追放されることも殺されることもありませんし、あってはなりません。貸し手が設定しうる利息には上限があります。そこまで人類は前進したと言ってもいいのです。市場社会は弱肉強食の世界ですが、まだこの国では民主主義が死んではいないのです。少なくとも建前ではそうです。
 過払い金返還請求の前提には借り主が制限を超えた利息を任意に支払った事実があります。あまり調べずに貸し手の怖いお兄さんの迫力に負けて支払ってしまった場合などですね。交渉力や知識の点では貸し手は圧倒的に優位です。取引の回数も多いでしょうし、その都度知識や経験が積まれているわけです。どう債務者を追い詰めていくかにかけてはプロなのでしょう。脅迫や暴力すらありえます。以前、TBSで取り立ての番組がやっていましたが、激しいものです。借りた金は返すべきだと彼らは言います。それはそうなのですが、法規制を無視することはできないでしょう。国家というものがある以上は、その立法に従わなければならない。民主主義国家です。おかしいと思うのは自由なのですが、厳然と存在する法を無視した営業を行えば、貸し金業の許可が取り消されることもあり得ます。
 さて、昭和39年11月18日の最高裁判所の判例は、過払い金は元本に充当されるとした最初の判例です。制限超過部分は強行法規である利息制限法一条(利息)四条(違約金)に反し無効とされ、その部分の債務は存在しないのであるから、その部分に対する支払いは弁済の効力を生じないとしました。
 弁済の効力が生じないのですから、たとえ借り手が利息、損害金と指定したとしてもその指定は無意味であり、結局その部分に対する指定はないのと同じであるから、元本が残存するときは、民法491条の適用により元本に充当されるとされました。
 民法491条は、債務者の弁済が全額を支払うのに足りないときは、費用、利息、元本の順で充当されるとする規定です。この判例では元本が残存する事例でしたので、利息として払った部分は無効なのですから、元本に充当されるということになります。
 過払い金返還請求は判例上認められた正当な権利というわけです。

 

 

任意売却、住宅ローンの延滞の無料相談

全国個人再生支援機構
住宅ローンの返済できない状況ですか?苦しい悩み、解決できる専門家探せます!

 

総量規制で年収の1/3を超えて借りれなくなっています!

総量規制は、6月18日に改正貸金業法により施行されました。クレジットカードのキャッシングは収入により規制されています。詳しくは・・・

破産しなくてもOK!会社・家族にも知られれないで債務整理完了!

総量規制の大きなポイントは、年収の1/3を超える新たな借り入れができなくなったことです。
消費者金融やサラ金などすべての借入金を合計した借入金の合計額が、年収の1/3を超えれなくなったのです。
最も、法施行以前に借りていた年収の1/3を超える借入金部分は、すぐに返済する必要はありません。そのまま金利を支払い続ければ良いだけのことで、新たな借り入れができないだけです。また。総量規制の対象になる借入は、貸金業者による個人向け貸し付けだけです。
また、個人に対する事業用資金の貸し付けは総量規制の対象外です。
その他、銀行の個人向け融資は総量規制の対象にはなりまでん。なぜなら銀行は貸金業者でないからです。銀行は銀行法の適用を受けるからです。
貸金業法による貸金業者として貸し付けるクレジット会社のキャッシングは、貸金業法が適用され、年収の1/3までしか、借りれません。
収入のない専業主婦の方は、収入のある旦那同意がない借りれなくなりました
また保証人を立てても、年収の1/3までしか無理です。
ただし、クレジットカードで購入するショッピングは、割賦販売法が適用になり、貸金業法の適用外なので、年収の1/3を超えた買い物は可能です。
また、銀行のカードローンも総量規制の対象外です。銀行から借り入れて、銀行が返済能力ありと認めれば、年収の1/3を超え他借入もOKってことになります。

 

弁護士と司法書士

債務整理と過払い金

■独身時代に消費者金融から借金があり、結婚後に夫に内緒で借金を返済しようと法律家に相談しました。
相談したのは弁護士ではなく、司法書士でした。友人からの紹介でした。
司法書士の先生と面談し、その場で依頼し、受任通知というものを送ってもらいました。
借金の整理=債務整理というそうです。受任通知を送った後は消費者金融からの連絡がピタッと止みホッとしました。
しばらくすると司法書士から連絡があり、過払い金があり50万円ほど戻ってくるとの事でした。
毎月の返済には利息を含めて返済するのですが、法定利息というのがあり、私の場合は18%以上は払わなくても良いらしいのですが、実際は10%くらい多めに払いすぎていたとのことです。
その多く払いすぎていた利息を元金に充当して法定利息に基づいて再計算すると、私の場合元金がかなり減り、逆に消費者金融に払いすぎた過払い金として返還請求ができるのです。
借金が減って毎月の支払いが少なくなるだけでありがたいのに、逆に手元に戻ってくるお金があるとは驚きました。
もう少し早く相談しておけばよかったと思いました。
連絡などは全部、携帯電話やメールでのやり取りでしたので、夫に知られる事なく手続きを済ませました。
今は借金から解放されスッキリとした気分で毎日を過ごしています。

司法書士

司法書士は、依頼を受け、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成や代理します。 認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件の代理もします。

 

無料相談★★★★★オススメ

私はふとしたきっかけで、ある消費者金融からお金を借りました。案外簡単にお金を借りられることを知り、お金が必要になるごとに消費者金融からお金を借りることが多くなりました。はじめは軽い気持ちで借りていましたが、何度も借りるうちに歯止めがきかなくなり、次々と欲しい物を消費者金融から借りたお金で買うようになりました。正気に戻ったときには既に遅く、最終的に複数の消費者金融からお金を借り、私は多重債務者となってしまいました。

 

 

 

 

過払い金請求

 

何年くらい前の借金から、過払いが黒字になる?
過払い金請求には、「損益分岐点」のように、一定の時間が過ぎたものでないと、請求しても手間の割には返還される金額が少なく赤字になる、というケースがあります。

 

というのは、過払い金は年数が古い消費者金融からの借金ほど、返還請求できる金額が大きくなるという特徴があるからです。

 

極端な場合ですと、貸金業法改正の前年に返済をスタートしたような借入金なら、支払った返済の回数は12回であり、過払いの金額よりも、まだ返済し終わっていない金額の方が多いということになります。ですから、過払い金請求をしても、手元に返還される現金は微々たるものですし、まだ返済を続けている状況では、利息の引き直し計算によって、将来払うべき返済額が全体的に縮小されるにとどまります。

 

反対に、時効の範囲ギリギリである10年前の借り入れなら、単純計算で120回の返済がされているわけです。

 

そのたびごとに過払いがたまっているのですから、返還請求で回収できる金額は大きくなり、返済が終わっている場合はその全額が現金として手元に戻されますし、仮にまだ返済途中の取引があったとしても、相殺しても黒字になるでしょう。

 

一般的にグレーゾーン金利で借りていた場合の過払い金は、5年以上の取引で黒字になり、2年以下だと、弁護士や司法書士の依頼料だけ持ち出しになるようです。

 

改正後の正しい利息が適用されていないときは、返還請求を行うことで将来的には返済が楽になるという利点はありますが、現実的な回収はないとみてよいでしょう。

 

ですから、過払い金請求を行おうとするときは、対象となる借りれがどの程度の期間取引を続けてきたか?も重要です。

 

また、過払い金の金額が大きくなると引き直し計算を行うだけでも大変ですし、消費者金融側も返還を渋るなどで難航する傾向です。こうした場合は、専門家の介入をお願いしたほうがスムーズに事が運ぶでしょう。
過払い金発生している可能性が高い

 

借り入れ期間が5年以上で、18%以上の利息の場合は、過払い金発生している可能性が高いと考えていいでしょう。払い過ぎている金利は返してもらうことができるのです。
消費者金融次第で、売上高を増やすために、著名な業者では債務整理後がネックとなり借りれなかった人でも、ひとまず審査を敢行して、結果を鑑みて貸し出す業者もあるそうです。
弁護士もしくは司法書士に任意整理を進めて貰うと、貸金業者からの連日の請求連絡などを中断させることが可能です。気持ちの面で一息つけますし、仕事だけに限らず、家庭生活も充足されたものになると考えます。
「初めて知った!」では収まらないのが借金問題だと思われます。その問題を解決するためのやり方など、債務整理における覚えておくべきことをとりまとめました。返済で参っているという人は、是非ともご覧くださいね。
年収の3分の1以上の借入を規制する総量規制が完全に導入されたということで、消費者金融から制限をオーバーする借り入れはできなくなったのです。速やかに債務整理をする方が正解でしょう。

 

自己破産をすることにした際の、お子さんの教育費用などを気にしている人も少なくないでしょう。高校生や大学生だったら、奨学金制度を利用することもできます。自己破産をしていようとも条件次第でOKが出るでしょう。
信用情報への登録に関しては、自己破産だったり個人再生をした時に登録されるのではなく、ローンや借金を予定通りに返済していない時点で、とっくに登録されていると言って間違いありません。
債務整理を実施すれば、それに関しましては個人信用情報にきちんと登録されますので、債務整理を行なった場合は、別のクレジットカードの発行を頼んでも、審査に通るということは考えられないのです。
悪質な貸金業者から、法律違反の利息を求められ、それを長年返済していた当人が、支払い過ぎた利息を返させるために行う手続きのことを、過払い金返還請求手続きと言っています。
言うまでもないことですが、債務整理を行なった後は、諸々のデメリットが付きまといますが、なかんずく酷いのは、数年間キャッシングも難しいですし、ローンも困難になることです。

 

テレビCMでも有名なおまとめローン的な方法で債務整理を敢行して、一定額返済を続けていると、その返済の実績により、ローンを組むことができるようになることがあります。
近い将来住宅ローンを活用して自分の家を持ちたいという場合も出てくるでしょう。法律により、債務整理後一定期間が経ったら許されるそうです。
自身の実際の状況が個人再生ができる状況なのか、その他の法的な手段を選択した方が間違いないのかを裁定するためには、試算は必須条件です。
どう頑張っても返済が厳しい状態なら、借金のことを思い悩んで人生そのものに見切りをつける前に、自己破産手続きを選択し、ゼロからやり直した方がいいと思います。
自己破産以前から払ってない国民健康保険あるいは税金に関しましては、免責をお願いしても無理です。そういうわけで、国民健康保険や税金につきましては、個々人で市役所に足を運んで相談しなければなりません。
借金問題!サラ金ヤミ金 過払い

 

サラ金ヤミ金
過払い・消費者金融 借金ゼロ結果は圧倒的勝利!

 

こんなに完璧に借金問題が片付くとは、A子さんも夢にも思っていませんでした。毎日会社や自宅に来る督促電話すら、すぐに止まったのですから!

 

個人の力で解決は、無理でしょう!

 

サラ金が逃げ出す弁護士!ヤミ金|慰謝料|過払い・消費者金融|返済義務/期限|借金ゼロ

 

結果は圧倒的勝利でした!過払い債務整理でお金が戻り、債務減額・・・予想以上でした・・・

 

ここまで追い詰められるまでに、もっと早く相談すればよかった!と誰もが思う債務整理!

 

やっぱり、債務・借金整理には、口コミやネット高評価の専門家に依頼するのが、常識的に考えても

 

最高の結果がもたらされるでしょうね!

 

お金のない状態から依頼して、借金がなくなり、過払い金が返還される!

 

最後に残るのが現金が手元に!借金は0円になった現実!

 

あなたの債務整理や任意整理の結果であることを、祈ります!

 

seikou

souya01

そうや法律事務所

そうや法律事務所は借金問題に特化した債務整理に強い弁護士事務所です

経験豊富な弁護士が在籍・対応
最短即日に返済や督促ストップ可能!
相談は24時間受付で土日も全対応
相談は何度でも無料の親切で優しい先生です!
相談は0円!初期費用も0円で全国対応
弁護士費用は分割払い可能だから安心ですよ
アラサー借金女・メール相談OK

amane02

天音法律事務所

誰にも相談できない借金の悩み天音法律事務所が解決します

今すぐ借金の悩み解決しませんか?
何時までも金利だけ返済するのはもうやめましょう!
家族や会社に内緒の借金も秘密にしたまま債務の整理可能です
毎月の返済するストレスを専門家が解決!
相談何回でも無料!全国24時間365日対応
初期費用0円 分割相談可能です
給料の大部分を返済に充てなくて済みますよ!

osinari02

おしなり法律事務所

借金問題解決します

債務整理や過払い金の相談は おしなり法律事務所に任せましょう
全国対応・取り立てストップ・分割払いOK・秘密厳守
業者の取り立てストレス解消
消費者金融やクレジット会社からの借り入れ
利息は何とか返済しているが元本を減らしたい
月々の返済が多くて辛すぎ( ;∀;)
こんな方!早めに相談してください!

 

 

 


hatano32048

過払い金返還請求の無料相談窓口一覧!借金整理記事一覧

無料相談は気軽にOK!みんなこれでホットしました♪★債務整理の無料相談債務整理の無料相談:ネットでの24時間メールで相談を受け付けている事務所も多数あります。一人で悩まずに専門家へ早目の相談される方が増えています。金利によって発生する過払い金消費者金融のような金融機関からお金を借りている方の中には、契約時期によっては現在の法定上限金利以上の金利で融資を受けている場合があります。ですが、この場合は現...

借金返済が済んだのに支払わされた?借金完済であったはずなのに、毎月黙々と支払ってきた無効な高金利に対する返済金が過払い金です。借りたお金の元金は、返済なのに、もう終わりましたよって言わない消費者金融の督促に、黙って利息制限法の定める金利を超えた高金利を、支払ってきた結果、返還請求できる、余分に支払ったお金が過払い金です。利息制限法は利息を制限する法律です。制限利息を超える部分は当然無効です(同法1...

自分のクレジットカードでキャッシングできなくなった?収入のない専業主婦は、単独で借金をできなくなりました。今までのように、自分のクレジットカードでキャッシングできなくなったのです。銀行のATMによる、突然の貸し出し拒否で、途方に暮れている専業主婦は、多いはずです。家族や子育てのための家事労働は、収入とは認めない、と宣言されたことになります。家庭を守る主婦を軽視したとんでもない法律ができたことになり...

利息制限法お金の貸し借りは、金銭消費貸借です。この金銭消費貸借は、利息制限法により規制されています。金銭消費貸借、つまりお金を貸し付ける利息は、利息制限法1条1項により定められています。元本が10万円未満の場合は、年20%元本が10万円以上100万円未満の場合、年18%元本が100万円以上の場合、年15%ところが、金融業者は利息制限法違反の29.2%の高金利で貸付を行っていました。おかげで多くの方...