住宅ローン払えない

hatano320250

住宅ローン払えない時どうするか?
35年ローンで返済する計画で購入した自宅の住宅ローンが支払えない
毎月の返済はもう無理
月々の赤字が膨らみ消費者金融やクレジットカードで借りまくっても返済の見込みは全くない
毎月の収入は減る一方で支出は増える傾向で減る気配なし
子供の学費の負担も大きく教育費の借金の負担もある
このまま負債が膨らんで破産すると会社首になると困る
誰にも相談できない苦しい住宅ローン払えない状況だ
口コミ人気
安心安全!評判最高♪
気軽に借金相談!債務整理の無料相談は多いですよ♪
すでに多数の多重債務者が
借金苦から解放されています!
あなたも早く相談して楽になって下さい♪
sannku23460

債務整理、過払い金請求の無料相談・依頼なら樋口総合法律事務所

  1. ◆初期費用0円
  2. ◆後払い・分割払い対応可能
  3. ◆即日取立STOP
  4. ◆365日・24H全国対応

 

 

過払い金返還請求と公益性

ローマの時代には、金銭の借り手が貸し手に返済できない場合、奴隷として売られたり、働かされたり、国外追放にあったり、ひどい場合は殺されてしまったようです。現代では建前上はそれはできないことになっています。(国際人権B規約11条など)金銭を返さないからといって、身体を拘束されることはないのが建前です。さらに、契約条件として定められる利息についても、制限されています。トイチやヒサンというのは認められません。
 こうした背景には民主主義があるのではないかと思います。人間は自由で平等である。現実はそうはいかなかもしれない。人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産、収入様々なものによる序列化が人間社会には存在しており、社会的動物であり群れをなす動物である人間はその中でもがいています。その中で、過払い金請求というのは、弱い立場にいる人間から強い立場にいる人間に対する要求ということで、そこに貫かれているのは弱肉強食の原理ではない。強いものが弱いものを食べていく。自然界の原理ではない。人間だけではないでしょうか。弱いものに配慮しうる余裕を持った存在は人間だけのような気がします。民主主義とはそういうもので、自由平等な個人を前提とする。これからの未来はどうかはわかりません。市場社会は民主主義を飲み込もうとしていますし、もしかしたら長い500万年も続く人類の歴史の中の瞬間的な出来事なのかもしれません。
 しかし、それでも、現行法下ではそれを行うことがなしうることになっているのですし、そうすることが間接的には民主制に結び付いているように思えます。それは単に欲望の押し付けというよりは、より公益性を持ったものなのではということです。


hatano900250b