「自己破産」とはどのような債務整理なのかについて

hatano320250

「消費者金融」や「クレジットカード」などの債務や、住宅ローンが払えないなどの状態に陥った債務者の方が最終的に取る手段として「自己破産」が挙げられます。

 

「自己破産」と聞くと「全ての財産を没収されて何もかも取られてしまう」と思っている方も居られると思いますが違います。

 

「自己破産」の概念は基本的に「債権を取り立てる債務取立て人から債権者を守る」為に作られた法律にのっとった「債務者救済の為の」法律的手段です。

 

返済不可能な状態に陥っている場合、「自己破産」を申し立てる事により
これまでの債務を「帳消し」に出来ます。

 

自己破産による債務整理は弁護士に相談すれば、最善の方法であなたの味方になってくれます。

 

長年一人で借金の悩みを抱えてこられた方もたくさん喜んでおられます!

 

弁護士って思ってたよりはるかに優しかったって言う人結構いますね・・・

自己破産の相談もちろん無料ですよ・・・・

思い気って相談したら・・

無料相談は気軽にOK・・・
借金問題を本気で解消するならオススメです♪

↓自己破産・個人再生のご相談なら弁護士へ↓

口コミ人気
安心安全!評判最高♪
気軽に借金相談!債務整理の無料相談は多いですよ♪
すでに多数の多重債務者が
借金苦から解放されています!
あなたも早く相談して楽になって下さい♪
弁護士 無料相談オンライン今すぐ診断
sannku23460
債務整理、過払い金請求の無料相談・依頼なら樋口総合法律事務所

  1. ◆初期費用0円
  2. ◆後払い・分割払い対応可能
  3. ◆即日取立STOP
  4. ◆365日・24H全国対応

借金や破産の無料相談を受付中
■相談無料

何回ご相談されても、料金は無料です。
■秘密厳守
ご相談・ご依頼いただいた内容は、ご家族も含め
外部に一切洩らしません、
■催促即日ストップ
もう催促の連絡におびえる必要はなくなります

 


債務はゼロになり「帳消し」されますが、「自己破産」を申し立てた事により破産申し立て後10年は一切の借金が出来ない状態におかれる事になります。

 

クレジットカードや消費者金融からの融資、車のローン、信販ローン、住宅ローン、一切利用出来なくなりますので、この点は留意しておいて下さい。

 

「自己破産」を申して立てた方が良いケースの債務者の例は、

 

・借金によりまともな日常生活を送る事が困難になっている債務者
・借金がどうやっても返済出来るメドが立たない債務者
・借金を他社からの借り入れで返済しているいわゆる「自転車操業」状態に陥っている債務者

 

などです。

 

逆に「自己破産」を申し立てない方が良いケースの債務者の例は、

 

・自身の収入で借金を返済し続けていけるメドが立つ債務者
・住宅ローンの借金があり、家族とその住宅に暮らしていて、
安定した収入があって返済を続けてゆきながら生活を送る事が可能な債務者

 

などです。

 

消費者金融やクレジットカードなどの借金で「首が回らない」状態になっている債務者の方は「自己破産」を検討してみる事をおすすめします。

 

債務者の最後の手段は自己破産です

自己破産の申立は法律上は債務者自身でもできます。

 

しかし素人では言葉からしてわからないから切羽詰った折りそんな余裕はないでしよう。

 

裁判所に提出する煩雑な書類の作成は弁護士に依頼し、申立代理人になってもらうのが一般的です。  

 

一方、債権者(金融業者)にとっては自己破産は免責となりますから、貸したお金が帰ってこないことになりますから自己破産を妨害してきます。

 

債権者本人が申立の行動を取ると、妨害がひどくなります。

 

債権者の考えは、破産されて債権がゼロになるより、1円でも多く取った方がましだと考え妨害する分けです。

 

債権者は「今後の返済について相談しましょう」と誘ってきますが、その言葉に乗らず自己破産をしましょう。  

 

自己破産の簡単な流れは次のようになります。

 

地方裁判所に破産申し立て、其の後審尋(裁判官から質問)を受け破産宣告を受けます。

 

財産が無い場合は破産宣告のときに同時廃止決定を受けます。

 

其の後免責の申立を同じ裁判所にします。

 

再び審尋を受け、免責が決定します。

 

この段階で支払い義務はなくなります。

 

財産がある場合の破産宣告は、破産管財人の選定、債権者集会、配当、破産終結決定を受けて免責申立に入ります。  

 

破算する債務者はもう手許に1円のお金もない場合があります。

 

弁護士費用は到底ない。

 

こんな時は親戚筋から借りるのが一般的です。

 

親戚にも見限られたときは、生活保護を受けている人に限り、法律扶助協会が弁護士費用の立て替えをしてくれます。

 

そのほか弁護士費用を分割で支払う方法もあります。

 

しかし分割払いに応じない弁護士もいますから前もって確認するほうがいいでしょう。

 

債務者の最後の手段は夜逃げ゛でも自殺でもありません。

 

自己破産することです。勇気を出して自己破産することを勧めます。

 

自己破産で借金を整理する流れとは?

 

自分では返済できない程の借金を背負ってしまった場合、債務整理を検討してみてはいかがでしょう。

 

債務整理には色々な種類がありますが、その中でも特に借金を整理する点で、効果が大きい自己破産は、多くの方がご存じだと思います。
自己破産をすると全ての財産を取られて、ホームレス同然の生活になってしまうのではという、心配をしている方もいるようです。

 

自己破産をしたからといって、日常生活が送れなくなる訳では無いので、その点は安心してください。
確かに自己破産で借金を整理すると、家などの財産は差し押さえの対象となります。
しかし、日常生活を送るだけの現金や家財は、差し押さえの対象にはなりません。

 

それに自己破産をしたからといって、会社をクビになるという事も無いので、借金の返済に困っている方は自己破産も検討する事をお勧めします。
自己破産は自分で裁判所へ申し立てする事も出来ますが、必要になる書類も多く、また裁判所でのやり取りもあるので、弁護士や司法書士といった
法律のプロに依頼するのが一般的です。

 

弁護士などに自己破産の依頼をすると、まず債権者に受任通知書という物を送ります。
この受任通知書は、債権者に自己破産をする旨を伝える役割と、裁判所に提出する為に必要な書類を作る為、あとどのくらい借金が残っているかを記した
債権調査票という書類を送ってもらう為に行います。

 

この受任通知書が債権者に渡った時点で、債権者は督促を行う事は出来ません。
ですので厳しい取り立てに合っていた方は、精神的な負担を、この時点で軽減できるでしょう。

 

債権調査票が届き、必要な書類を作成したら、裁判所へ自己破産の申し立てを行います。
ただ、申し立てをしたからといって、自己破産で借金を整理する事は出来ません。
この後に破産審尋という、面接のようなものを受ける必要があるのです。

 

この破産審尋では自己破産に至った経緯や、借金などの返済状況などを聞かれるようです。
破産審尋で裁判官が、借金を返済できる状況に無いと判断したら、破産手続きが決定します。

 

しかし、まだこの時点でも借金の整理は出来ません。
次に免責申立てをし、免責審尋を受けなければいけないのです。

 

免責審尋は破産審尋と同じような事が、聞かれるケースが多いようです。
この免責審尋を経て、債権者が異議を申立てなければ、晴れて自己破産で借金を整理する事が出来ます。

 

最初の受任通知から借金を整理するまでの期間は、平均して約半年から1年ほどと言われています。

 

自己破産をする事によって得られるもの

借金を毎月返済していても、それ以上にお金の掛かる事が起きるとそれも困難となる事もあります。例えば病気で入院をした事により、仕事が出来ない上に入院費や治療費が嵩んで借金の返済に回すお金が不足するという事もあるでしょう。これ以上借金を返済する事が無理だと判断した時には、弁護士に相談をすると良いです。今は無料で相談に応じてくれる法律事務所も多いです。

 

借金の返済が出来ない時には、まず債務整理の方法を探る事になります。利息の支払いが無くなれば返済が可能になるのかという事や、勿論過払い金があるのかという事も調べる事になります。利息の引き直しによって新たな返済額が分かれば、弁護士が貸金業者と借金の減額について交渉をしてくれます。貸金業者にとってもこの借金減額の交渉に応じる事で、少しでも借金を回収する事ができるので、通常は交渉に応じているという事です。

 

債務整理には利息だけを減らす方法の他に、借金の元金そのものを減らして貰う方法もあります。前者は任意整理であり後者は個人再生という債務整理ですが、どちらも返済の能力のある場合に認められる借金減額による方法です。

 

入院等のように突然の出費によって借金返済が困難となった場合、前述の2つの方法でも返済が困難と判断される場合には「自己破産」という債務整理を選択する事になります。自己破産をする事で会社に知られる事が気になるという人もいるようでうが、そのような心配はなく住民票に載る事も勿論ありません。ただし現在の職業が弁護士や税理士等の資格を持っている事が条件となる職業に就いては、自己破産より3か月から6か月の間は業務が出来ないという職業制限があるようです。そのような資格については他には保険の営業の人等も該当をします。自己破産を考える人は事前にどの職業が制限を受けるのかを確認する事も大切です。

 

勿論その後の経済活動についてはクレジットカードを持てない事や、ローンを組めない事、貸金業者でお金を借りる事ができない事等が5年から7年は続く事も覚悟をしておく必要があります。それでも所謂ブラックリスト入りという事になり、とかくマイナスのイメージの強い自己破産ではありますが、得られる物も意外に大きいようです。

 

前述の任意整理や個人再生という任意整理では借金の減額が可能となり、住宅ローンやその他のローンを継続する事も可能で、その為に残したい資産を残せる事や処分したい借金だけを選んで縮小をする事も出来ます。それでもそれらの債務整理では同じくブラックリスト入りとなる事も免れない上に、毎月借金の返済をする必要があるので、お金を残して行く事が難しくなるという側面があります。

 

それに対して自己破産では20万円以上の価値のある資産は処分されてしまいますが、家具等の生活に必要な物は残す事ができます。その上現金についても99万円を超えないお金は残す事ができるので、手元にいくらかのお金を残せる上に毎月の返済が無くなる分、今後は貯蓄をする事も可能となります。借金返済でお金が無いという状況になるよりも、毎日の生活では余裕のある状況に成り得る事でも、自己破産はマイナスだけでは無いと言えます。

 

法律事務所への依頼はそれぞれ料金が異なりますが、20万円程は最低でも必要となるようですが分割払いに応じている弁護士事務所も多いので、相談をしてみると良いです。

 

自己破産

自己破産の流れ
債務整理の究極の方法が自己破産です!
債務すなわち借金を整理して支払いを軽減したりなくしたりすることを債務整理と言います。

 

その中でも究極の方法が自己破産という方法です。

 

自己破産は債務整理の他の方法を取っても払いきれない、借金の額が大きすぎて支払えないなど、支払い自体が困難になった人が取る方法で、一定の財産を手放す必要は有りますが、複数の金融業者からの借り入れがある多重債務に陥った場合にはその苦しさから逃れる事の出来る方法です。

 

自己破産は多重債務に陥った人を救済するために国が定めた方法ですので、困った時には利用すると良いのです。

 

自己破産の手続きの流れとしては、まず債務者(借金をしている人)がその人の住所を管轄する地方裁判所に自分が支払い不能であることも申し立てをします。

 

裁判所が審理をし、債務者がその全財産を当てても借金の支払いが出来ない事を審理してもらうのです。

 

これを破産手続きの開始・免責許可の申し立てと言います。

 

破産の審尋が始まり破産手続きが開始されます。それから破産が確定し、免責という裁判所の許可が下ります。

 

その時点で債権者(金融業者)からの取り立ては止まります。

 

自己破産の申し立てを出来る人には条件があります。

 

過去7年間に免責を受けたことが無いこと、債務の主な原因が収入に見合わない高額の買い物や浪費、ギャンブルなどではないことがその条件です。

 

また破産の申し立てをすれば誰でも免責を受けられるわけではなく、免責不許可事由により免責が決定しなければ、自己破産は出来ないのです。

 

免責不許可事由とは先に挙げた借金の理由や支払い能力がないと分かっていて借金を重ねた場合、また債権者を傷つける目的で申し立てをした場合などのことを言います。

 

自己破産は人生最後の再生のチャンスだと認識して行うことが必要です。

 

借金

 

借金にまつわる悩みや解決の道は困難を極めます。

 

そんな借金をどう解決するのか?

 

自己破産の借金相談が重要

 

借金相談の経験はありますか?

 

借金を多額に抱えている自己破産したい多重債務者や借金苦の人は一人で悩む傾向があります。

 

そんな借金の困難な状況を解決できるひとつの指針が借金相談です。

 

自己破産における財産の処分について

 

自己破産とは、消費者金融やクレジットカードの利用でつくった借金を帳消しにできる債務整理法です。

 

通常、自己破産を行う際は、財産の整理が行われます。

 

これは、借金を帳消しにされる債権者に少しでもお金を分配する必要があるためです。

 

自己破産とは債務者と債権者の痛み分けという側面を持つ債務整理なのです。

 

さて、自己破産をすると家を追い出されたり、財産を何もかも取り上げられるという認識を持っておられる方も多いかもしれませんが、実際にはすべての財産を没収されるわけではありません。

 

昔のテレビドラマなどでは自己破産における財産の没収を誇張して表現していたために、こうした認識が広まったのですが、実際には処分の対象となる財産と、処分を免除される財産が仕分けられた上で、適正に処理が行われます。

 

処分を免れる財産として挙げられるのが、寝具や衣類などの最低限度の生活に必要なものです。

 

このほか、仕事上必要となる道具や、信仰、礼拝の対象としている仏壇等は処分の対象となりません。

 

これ以外にも、ケースバイケースで処分の対象から除外される物品が決定されます。

 

なお、現金については99万円以下の現金は処分の対象になりませんし、自己破産手続きを開始した後に手に入れた財産も、処分の対象には含まれません。

 

さて、持ち家は自己破産の際に処分されることになります。

 

ただ、処分が決まったからといって、突然家を追い出されるわけではなく、競売にかけられるなどして、買い手がついた時点で退去となります。

 

一般的には、住宅を売りに出したからといってすぐに買い手がつくわけではありませんし、売却が完了するまで1年以上の期間を要するケースが殆どです。

 

ですので、自己破産する当人や家族はその間に新しい住居を見つける時間が十分にあります。

 

こうしてみると、自己破産が生活を破壊するものではなく、あくまで債務者の生活を立て直すための措置だと理解できるのではないでしょうか

 

債務整理は、国民の生活を守るために設けられた法的措置なのです。

 

自己破産は破産者を社会的に復帰できるようにすることが目的です。

自己破産宣告をやるべきか否

弁護士は返済しなければならない金額を踏まえて、自己破産宣告をやるべきか否か教授してくれると思われますが、その金額次第で、異なった方法を指導してくる可能性もあるようです。

借り入れた資金は返し終わったという方に関しましては、過払い金返還請求手続きを始めても、損失を受けることはありません。利息制限法を無視して徴収されたお金を取り返すことができます。

任意整理っていうのは、裁判所が間に入るのではなく、滞納者の代理人が債権者と話し合い、月単位に返済する金額を落として、返済しやすくするものとなります。

個人再生を希望していても、躓く人もいます。当たり前ですが、諸々の理由を想定することが可能ですが、何と言いましても事前準備をしておくことが大切だというのは言えるでしょう。

パーフェクトに借金解決を望んでいるとしたら、とにかく専門分野の人に話をすることが必要になります。専門分野の人と申しても、債務整理の経験が豊かな弁護士、はたまた司法書士に話を持って行くことが大切になってきます。


払うことができないのなら、それなりの方法を考えるべきで、このまま残債を無視するのは、信用情報にもしっかりと記録されますので、あなた自身に適応できる債務整理によって、主体的に借金解決をしてください。

今や借金の額が大きすぎて、どうしようもないと思っているのなら、任意整理に踏み切って、リアルに払える金額まで低減することが重要になってくるでしょう。

借金を精算して、生活を元通りにするために行なう法律に従った手続が債務整理というわけです。借金返済で苦悶していらっしゃるのであれば、とにかく債務整理を思案してみるといいのではないでしょうか?

借金問題であったり債務整理などは、周りの人には相談を持ち掛けづらいものだし、と言うより誰に相談した方がいいのかも見当もつかいないというのが本当のところでしょう。そうだとしたら、安心できる弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

借金の月々の返済額を減らすことにより、多重債務で苦しんでいる人の再生を目論むということより、個人再生と命名されていると聞きました。


弁護士だと、一般人では無理だと言える借金の整理手段、もしくは返済プランを提示してくれるでしょう。何と言いましても法律家に借金相談が可能であるというだけでも、気分的に緩和されると想定されます。

借入の期間が5年以上で、18%超の金利を支払っている場合は、過払い金発生している可能性が高いと考えていいでしょう。法定外の金利は返還させることができるのです。

特定調停を介した債務整理については、基本的に元金や金利などが載っている資料を揃え、消費者金融が指定した利息ではなく、利息制限法を順守した利率で計算をし直すのが普通です。

クレジットカード会社のことを思えば、債務整理を実施した人に対して、「二度と貸し付けたくない人物」、「借り逃げをした人物」と捉えるのは、当たり前のことだと考えられます。

多重債務で参っているなら、債務整理をして、今の借り入れ金をリセットし、キャッシングに依存しなくても生きていけるように改心することが大切でしょう。

自己破産

自己破産が認められたら借金がなくなります。債務0円ということになります。自己破産すれば官報に掲載されます。保証人がいれば、その方に債務の請求が行来ます。自己破産した人は破産者名簿に記載され、7年間は再び破産できません。自己破産すれば、以上のような不利益はあります。一方で人生がリセットできるという大きなメリットがあります。人生がやり直しできるってことは、素晴らしいことですよね♪

 

自己破産の手続きを開始させたい

債務整理に関しまして、断然大切になってくるのが、弁護士を誰にするのかです。自己破産の手続きを開始させたいというなら、否応なく弁護士の手に委ねることが必要になってくるのです。

弁護士であったり司法書士に任意整理を任せると、貸金業者からの支払い督促を止めることができるのです。気持ちの面で鎮静化されますし、仕事に加えて、家庭生活も十分なものになると言い切れます。

実際のところは、債務整理を行なったクレジットカード提供会社では、永遠にクレジットカードの発行は無理という公算が大きいと言ってもいいでしょう。

債務整理後にキャッシングばかりか、将来的に借り入れをすることは認めないとする法律はないというのが実情です。なのに借金不能なのは、「融資してくれない」からというわけです。

契約終了日になるのは、カード会社の事務職員が情報を最新化した日から5年間だそうです。結果として、債務整理をした場合でも、5年過ぎれば、クレジットカードが作れる可能性が高いと言ってもいいのです。


過払い金と言われるのは、クレジット会社あるいは消費者金融、他にはデパートのカード発行者といった貸金業者が、利息制限法の制限枠を無視して回収していた利息のことを指しています。

弁護士に債務整理の依頼をしますと、金融機関側に対して直ぐ様介入通知書を郵送して、支払いを中断させることが可能になります。借金問題をクリアするためにも、経験豊富な弁護士に頼んでください。

何をしても返済が厳しい状況であるなら、借金を悲観して人生そのものを放棄する前に、自己破産手続きを終了させ、人生をやり直した方が得策でしょう。

借金返済地獄を克服した経験を基に、債務整理の良いところ悪いところやコストなど、借金問題で苦悩している人に、解決するための手法を伝授していくつもりです。

専門家にアシストしてもらうことが、絶対に一番いい方法です。相談してみれば、個人再生に踏み切ることが現実的に正解なのかどうかが見極められるはずです。


スピーディーに借金問題を解決しましょう。債務整理関連の種々の知識と、「最適な方法で解決したい!」というモチベーションさえあれば、あなたの助けとなる安心できる弁護士などを探し出せると思います。

自己破産したのでと言い逃れしようとしても、支払うべき国民健康保険や税金につきましては、免責認定されることはないのです。そんな理由から、国民健康保険や税金に関しては、あなた自身で市役所の担当の部門に相談しに行くようにしてください。

特定調停を介した債務整理においては、基本的に元金や金利がわかる資料などを調べて、消費者金融が取り決めた利息ではなく、利息制限法に則した利率で再計算します。

平成21年に実施された裁判によって、過払い金を返戻させる返還請求が、お金を貸して貰った人の「当たり前の権利」だとして、世の中に広まったわけです。

借り入れ限度額を規定した総量規制が完全制定されましたので、消費者金融から限度を超えた借用はできなくなったわけです。早々に債務整理をする方が傷も浅くて済みます。


hatano900250b

自己破産とは、借金を整理する債務整理の流れ|借金返済 自己破産 弁護士 無料相談記事一覧

金融業者から借金は利息が高いために雪だるま式に増えます。例えば年利15%で借りると約5年で倍になります。具体的対策を打たずに困ったどうしようと躊躇していると、あっという間に倍になります。もし町金融などで年利30%で借りていたなら2年半ほどで倍になります。  病気や倒産など人生には止むに止まれぬ理由で借金をする気の毒な場合もあります。しかし中にはブランド狂いやギャプル狂いで無い袖を振って金融業者から...

債務整理には個人再生や任意整理など様々なものがありますが、一番よく知られているのは自己破産でしょう。自己破産は債務整理の中でも最終手段という位置づけであり、効果は非常に強く強制力のあるものですが、デメリットも大きくなっています。自己破産のメリットは、なんといっても借金を全て返さなくてもよくなることです。自己破産で免責を認められると、お金を貸した側は借金の返済を請求する権利を失います。自己破産の効果...

債務整理の最終手段として、自己破産があります。自己破産の申し立てをする際には、裁判所に一定の金額を支払わなくてはなりません。それぞれを合計した金額はそれほど多額でもありませんが、それでも多額の借金に苦しんでいる人にとっては負担がのしかかる場合もあります。必要なものに、破産申立書を届けるのに用いる収入印紙と予納郵券があります。収入印紙は1500円のものを破産申立書に貼ることになります。予納郵券は裁判...

自己破産をする方法としては、自分の力で書類作成から申し立て、審査を全て行う方法と弁護士などの専門家に依頼して代行してもらうという方法があります。自己破産は、債務整理の中でも比較的自分で行いやすい手続きとは言われています。特にもう処分する財産がないときは、同時廃止事件となって手続きが大幅に簡単になります。そのため、ネットや書籍などで情報を集めて自力で行うことも不可能ではありません。裁判所の窓口でも色...

背負っている債務がどうしても支払う事が不可能になってしまった場合、所有している不動産や自動車などの財産を手放しお金に変える事で、債務を精算する事を自己破産と言います。 この自己破産によって、借金に追われていた生活から抜け出し、生活を立て直す機会が与えられる事になりますが、自己破産はメリットだけではなくデメリットもあるという事を忘れてはいけません。そんな自己破産は、破産申込書を地方裁判所に提出して免...